三重県中部(中勢)の観光 三重県観光情報 津市観光

津市一志町の杉焼き料理専門店 CEDAR WORKS(シダーワークス)で、絶品な杉焼きランチを味わう!

杉焼き料理って知っていますか?ピンと方はもしかしたらアウトドア好き、キャンプ好きな方かもしれません。

燻製のようで燻製ではない、食材の瑞々しさを残しながら薫香を存分に楽しめるお料理...それが杉焼き料理です。一度食べたら忘れられないジュワッとクセになること間違いなし。

そんな杉焼き料理を楽しめるお店が何と三重県にあります!

今回は三重県が誇る杉焼き料理専門店 津市一志町にある「CEDARWORKS」さんにお邪魔して、杉焼き料理ランチをいただいた様子をレポートしていきます。

みえ案内人
食後に立ち寄った、CEDARWORKSさんのお隣「多肉植物専門店TOMOZOEN」さんも合わせてご紹介!

杉焼きという響きだけで美味しそう...と気になっている方、必見です。その直感にお応えする杉焼き料理、CEDARWORKSさんにございますよ。では、最後まで記事をお楽しみください。

杉焼き料理 CEDARWORKSの場所はどこにあるの?

まず最初に、杉焼き料理 体験工房 CEDARWORKSの場所のご紹介です。

お店の山々や田園風景が広がる気持ちの良い津市一志町にあります。近くでは2級河川雲津川が流れていて、ローカル線で有名な名松線の「伊勢大井駅」があります。

みえ案内人
津市一志町といえば、レスリングの吉田沙保里選手の出身地ですよ。

みえ案内人
ストリートビューはCEDARWORKSさんスグ近くの県道15号線の様子です。ドライブしていて気持ちの良い道ですよ。
店名杉焼き料理 体験工房 CedarWorks
住所〒515-2523 三重県津市 一志町井生字笠月2985
休業日月・火・祝日
営業時間水・木・金・土・日 11:00~14:00
電話番号09056260630
公式WEB杉焼き料理 体験工房 CedarWorks公式WEB
公式SNS 最新情報はこちらから杉焼き料理 体験工房 CedarWorks公式instagram
駐車場あり
アクセス方法・津駅から車で約30分
・榊原付近から車で約18分
・久居ICから車で約16分
備考リアルタイムの営業日詳細は、SNSやWEBページのカレンダーをチェックしましょう。

お店やテイクアウト利用時はWEBから予約しておくと確実で便利です。

木を感じる落ち着く店内 五感で味わう杉焼きランチは絶品!

店内は木の温もりを感じるモダンな雰囲気です。至るところに気になる装飾品があり、眺めているだけで時間を忘れてしまいます。

彩り豊かな「杉焼きチキンランチ」でホッと落ち着くランチタイム

注文させていただいたのは1日10食限定の「杉焼きランチ」。ポークかチキンを選ぶことができて、今回はチキンを選びました。

燻されたチキンは、一口食べるとじわっと広がる旨味が格別です。ずっとこのチキンの旨味に浸り続ける人生を送りたい、真面目にそう思う味わいです。お野菜も、柔らかくてとってもみずみずしい。芳しい薫香にもうっとりしますよ。

みえ案内人
もし近くに住んでいたら週2くらい通ってしまいそうです。毎日、ウッドプランクチキンを頬張りたい。

自家製日替わりポタージュは「赤カブの豆乳ポタージュ」でした。とにかく優しくて、とろっと一口飲むだけで癒やしに包まれます。

そして、一志町で年間通して飲まれているシソのドリンクを冬バージョン「シソシロップ ホット」もいただきました。温かくて爽やかで、甘い。湯気の香りにうっとりします。

みえ案内人
赤カブの豆乳ポタージュ&シソシロップ ホットの、ほっと落ち着き具合が半端ありません。

お腹が美味しさと癒やしに満たされる「杉焼きランチセット(チキン)」に大満足。次回はポークも食べてやる!と心に誓いました。ちなみに、テイクアウトもできますよ。

杉焼きランチ後に立ち寄ろう。お隣の多肉植物専門店TOMOZOENへ。

ー「お隣には多肉植物専門店があります。ぜひ、立ち寄ってみてください。」

CEDARworksさんの駐車場に車を駐めた時から、実は気になっていました。CEDAR WORKSさんで杉焼きランチセットを美味しくいただいた後は、隣接する 多肉植物専門店 TOMOZOENさんへ。

入って誰もが圧倒される多肉植物の数々!多肉植物ってこんなに色んな種類があって表情もそれぞれ違うんだと初めて知って、ただただ驚きました。

多肉植物って何だかずっと見ていられますね。多くの人が夢中になるのも納得です。

せっかくなので、どれにしようか悩みながら気になる「シャーロットローズ」を1つ購入しました。店員さんに色々と多肉植物の育て方を教えていただきました。大切に育てます。

みえ案内人
TOMOZOENさんのネットショップ公式You Tubeなどなども要チェックです。
店名TOMOZOUEN 【多肉植物】専門店
住所〒515-2523 三重県津市 一志町井生字笠月2985
休業日火・水・木
営業時間月・金 9:00~15:00
土・日 10:00~16:00
電話番号0592936252
公式WEBネットショップや店舗情報など
公式SNS 最新情報はこちらからTOMOZOUEN 公式Instagram
駐車場あり
アクセス方法・津駅から車で約30分
・榊原付近から車で約18分
・久居ICから車で約16分
備考

杉焼き料理 CEDARWORKSさんとの出会い、それは海の博物館でした【〆の回想】

約2年前(2019年10月)海の博物館 で開催された「浦村カキ初喰いまつり」にて、CEDARWORKSさんがキッチンカーで出展されていました。

「杉焼き(ウッドプランク)」という言葉を初めて知り、そしてウッドプランク牡蠣やチキンをいただいて感動。それから、ずっCEDARWORKSさんに行ってみたい、また杉焼き料理を食べたいと思い続けて・・・やっとお店に伺えました。実際に杉焼き料理をいただいて、数年前の感動が蘇りました。

杉焼き料理の虜になったら、もう逃れることは不可能です。それでも私は構わない!という食の探求者なあなた。ぜひ、CEDARWORKSさんのお店で杉焼き料理を味わってみてください。

杉焼き料理 CEDARWORKSのお店情報

みえ案内人
最後に杉焼き料理 CEDARWORKSの場所を再掲載しておきます。ドライブを楽しみながら、津市一志町にお出かけしてみてください。
店名杉焼き料理 体験工房 CedarWorks
住所〒515-2523 三重県津市 一志町井生字笠月2985
休業日月・火・祝日
営業時間水・木・金・土・日 11:00~14:00
電話番号09056260630
公式WEB杉焼き料理 体験工房 CedarWorks公式WEB
公式SNS 最新情報はこちらから杉焼き料理 体験工房 CedarWorks公式instagram
駐車場あり
アクセス方法・津駅から車で約30分
・榊原付近から車で約18分
・久居ICから車で約16分
備考リアルタイムの営業日詳細は、SNSやWEBページのカレンダーをチェックしましょう。

お店やテイクアウト利用時はWEBから予約しておくと確実で便利です。

三重県の中部(中勢)地域にお出かけ♪

2022/5/16

和ヴィソンってどんなところ?Vison多気散策で再認識した和の心。

酒、出汁、醬油、お酢、味噌、水。これらの食材に共通するキーワード...和食! 三重県多気町の大型商業施設「Vison多気」には、古き良き日本の和食を満喫できるエリア「和ヴィソン」があるのをご存知ですか? 食事が多様化し、和食に触れる機会は少なくなってきている現代社会。改めて和食文化を見て、学び、味わえる機会はとても貴重なものです。 本記事ではヴィソン多気の「和ヴィソン」エリアを散策してきた実体験を、レポートとしてまとめてみました。これからヴィソン多気に訪れようと思っている方はもちろん、和食文化に興味関心が ...

ReadMore

2022/4/17

津市一志町の杉焼き料理専門店 CEDAR WORKS(シダーワークス)で、絶品な杉焼きランチを味わう!

杉焼き料理って知っていますか?ピンと方はもしかしたらアウトドア好き、キャンプ好きな方かもしれません。 燻製のようで燻製ではない、食材の瑞々しさを残しながら薫香を存分に楽しめるお料理...それが杉焼き料理です。一度食べたら忘れられないジュワッとクセになること間違いなし。 そんな杉焼き料理を楽しめるお店が何と三重県にあります! 今回は三重県が誇る杉焼き料理専門店 津市一志町にある「CEDARWORKS」さんにお邪魔して、杉焼き料理ランチをいただいた様子をレポートしていきます。 みえ案内人食後に立ち寄った、CE ...

ReadMore

2022/5/16

Vison多気の駐車場の仕組みを解説!実際に利用してみた体験談をご紹介

三重県多気町に新しくオープンした大型商業施設「Vison多気」。2021年7月20日にはグランドオープンを迎えて、三重県でも屈指の目玉スポットになっています。 ヴィソン多気はとにかく広く、敷地面積は何と約119ha(東京ドーム約24個分)で開発面積が54ha(東京ドーム約11.5個分)です。 そんなに広大なスポットを訪れると、ついつい長く滞在してしまうもの。滞在時間が長くなると一つの心配事が...Vison多気の駐車場の料金はいくらか?です。 Vison多気の駐車場はちょっと特殊で、車のナンバーを入り口付 ...

ReadMore

2022/8/16

Vison多気で手ぶらでBBQ体験!どんなシステムか実際に利用してみた。

2021年4月29日に三重県の多気町で新しくOPENした話題の大型商業施設「Vison多気」。 「一体どんな施設なんだろう?」という興味本位で訪れてみたら、美味しいお店が立ち並び、美味しいものや新しい発見で溢れた場所でした。 そんなVison多気を訪れて驚いたのが…手ぶらでBBQができること!です。 みえ案内人えっ、どういうこと?とVison多気を初めて訪れた方は、グリルとテーブルを横目に眺めたはずです。 「Visonってどんなところ?」と、これから県外の方に聞かれた際、地元民である僕はしっかりと答えられ ...

ReadMore

2021/5/9

満月の夜の竹神社できらめく花手水が幻想的。斎宮のまち 明和町に出かけよう。

三重県の夜景スポットといえば、四日市コンビナート夜景を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 では、伊勢志摩地域周辺で夜景がきれいなスポットはどこ?と聞かれたらどこを案内しますか? みえ案内人案外、地元住民もパッと答えられないかもしれません。 今回ご紹介するのは、三重県伊勢市のお隣 明和町の竹神社で取り組まれている幻想的な花手水。 色とりどりな花々と鮮やかに移り変わる光の演出に、誰もが虜(とりこ)になること間違いなしです。本記事では、竹神社の花手水やイルミネーションやアクセス情報をお伝えしていきますの ...

ReadMore

三重県の中部(中勢)のお土産をGET!

2022/9/21

明和町のお土産 ひじき界の新星 海のグラノーラはヒジキとナッツ、食物繊維がたっぷり。

日本人の食卓に欠かせない食材のひとつ「海藻」。三重県の海には新鮮な魚介類をもちろん、豊かな海藻が育まれています。 三重県の海藻としては、あおさのりにワカメに....そしてヒジキです。 さて、ここで一つお尋ねします。ヒジキといえば、どんな商品や料理を思い浮かべますか? ヒジキって美味しいけど何だか地味かも...そう思った人は僕だけじゃないはずです。 そんなヒジキにスポットライトを当てる、待望のヒジキ商品が現れました。その名も「海のグラノーラ」です。名前からして身体に良さそう!と直感を抱いた人はするどい。本記 ...

ReadMore

2022/1/11

津市の代表銘菓 平治煎餅は個包装で配りやすい定番のお土産です。

三重県の県庁所在地「津(つ)」。日本全国でも珍しい一文字の市です。 そんな三重県津市に訪れた際、まず押さえておきたい定番お土産が平治煎餅本店さんの「平治煎餅(へいじせんべい)」です。 地元民はもちろん、津市に訪れた方からも愛され続ける笠の形をしたお煎餅。日持ちもして、個包装もされていているのでご自宅や職場でも配りやすいのも魅力的です。 また、現代に語り継がれる「孝子平治伝説」を知った上で平治煎餅をいただくと、さらに味わい深くなること間違いなし。ぜひ手に入れてみてくださいね。 こんな人におすすめ 津市の定 ...

ReadMore

2021/11/14

三重のサチージョを自宅にお取り寄せ。相可高校生と伊勢すえよしコラボ商品!

熱きシェフと相可高校の学生さんが考案した、アイデアお取り寄せ商品が新登場しました。 三重県の未利用魚を活用したその名も、アヒージョ&パスタソース「海の課題を解決する三重のサチージョ」。 みえ案内人ネーミングから三重県愛がビシバシ伝わってきます。 当記事は、調理が簡単で冷凍庫にストックしておきたい三重県愛満載なオススメ商品「三重のサチージョ」のレビュー記事です。 自宅に届いた三重のサチージョをレンジで簡単にいただいてみました。また、三重のサチージョを注文すると付いてくる、シェフと高校生のアレンジレシピも色々 ...

ReadMore

2022/1/19

三重県明和町のお土産 明和ブランド宮qu おいしい酒米 神の穂

日本酒の原材料は、水に麹菌に酵母、そしてお米。 実はお米には私たちが食べる一般米とは別に、日本酒づくりに適した酒米があります。 特に日本酒好きで、湯気香るアツアツのご飯も大好きな人は、 酒米ってどんな味がするんだろう? と考えたことがあると思います。 みえ案内人何を隠そう、僕がそうです! でも、そんな願望を秘めていても日常生活で酒米を購入できる場所はほぼなく意気消沈...しているあなたに朗報です。酒米をご自宅で食べられるチャンスが到来しました。 今回は、三重県を代表する酒米「神の穂/かみのほ」を美味しく食 ...

ReadMore

2022/1/2

三重県多気町のお土産 まつかさ餅はその日にいただく希少な名物餅

三重県各地の本街道沿いは餅街道とも呼ばれ、名物餅を取り扱うお店が旅人たちを迎えいれてきました。餅街道とも呼ばれる、三重県の文化でもあります。 観光で訪れた方も地域で暮らす住民も愛され続ける名物餅。そんな三重県の名物餅の中で、観光で訪れる方や同じ三重県人でも食べたことがないお餅があります。なぜ、名物餅なのに食べたことがない人が多いの?と疑問の答えは・・・日持ちが当日限りだから。 今回は、お店の近くを通りかかったら買って行かなきゃもったいない、多気町相可の長新さんが作る伊勢相可名物「まつかさ餅」をご紹介します ...

ReadMore

-三重県中部(中勢)の観光, 三重県観光情報, 津市観光
-, , , ,