三重県暮らしの情報

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

2019/11/30

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。 三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。 タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。 鳥羽なかまちって? 鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。 鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形 ...

牡蠣の種差し 牡蠣の種表

オトナミエ 三重県暮らしの情報 体験レポート

2020/1/4

WEBマガジン OTONAMIE掲載 浦村牡蠣の種差しの記事を書きました

三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、鳥羽市浦村町の山善水産さんでの牡蠣養殖現場での経験を元に記事を書きました。 タイトルは「浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事」です。 牡蠣の種差しと聞いてどんなお仕事だと思いますか? 三重県でも鳥羽市浦村町は、全国7番目の牡蠣養殖の産地です。栄養豊富な山々の恵みが川を流れ、海の恵みが海流にのってぶつかる場所、それが鳥羽市浦村町をはじめ、養殖業が盛んな産地の特徴なんです。 毎年、初物の真牡蠣の解禁は10月 ...

みなみの伊勢うどん工場祭り 会場の様子

イベント イベント 三重県暮らしの情報 三重県観光情報

2019/10/21

横綱印の伊勢うどんファン必見 みなみの伊勢うどん工場祭りに行ってきた

柔らかな極太麺に真っ黒で出汁の効いたタレでいただく伊勢の郷土食といえば?そう、伊勢うどんですね。お伊勢参りに観光で訪れた方は手こね寿司と伊勢うどんの定番セットを食べられたかもしれませんね。 地元民にとっては、伊勢うどんをお店で食べる機会よりも、自宅で食べる機会が多いのはご存知ですか?伊勢うどんは子どもの頃から食べ続けてきた思い出の味であり、大人になってからも手軽で美味しい定番メニューでもあります。 伊勢うどんの麺の中でも、地元のスーパー(ぎゅーとらさん)で購入できるみなみ製麺さんが製造する横綱印の伊勢うど ...

牡蠣レシピ 牡蠣伊勢焼きうどん3

三重県お土産・特産情報 三重県暮らしの情報

2020/1/5

三重県の牡蠣を食べ尽くす!美味しい牡蠣の食べ方をまとめてご紹介

夏の暑さがほどよく残りつつも、過ごしやすい秋晴れが気持ちがいい10月〜11月。毎年待ちに待った、三重県を代表する食材が旬を迎えます。そう、海のミルク 牡蠣解禁のニュースが世間を賑わせます。 三重県は全国でもトップクラスの牡蠣の産地なのはご存知ですか? 特に三重県鳥羽市浦村地域では、年間で4500トンの牡蠣が養殖されています。三重県内では総生産量の3分の2を浦村が占め、全国の生産量では5位。牡蠣の季節到来に地元民をはじめ、名古屋や大阪を中心に県内外の観光客が"鳥羽の牡蠣小屋"に押し寄せるのは、秋・冬の風物 ...

ダイドーブレンド 三重まろやか カフェオレと銚子川1

コラム 三重県お土産・特産情報 三重県暮らしの情報 飲料品

2019/9/19

三重 まろやか カフェオレを味わいながら、イラストを眺めて三重県巡り

三重県ではスーパーやコンビニ、自動販売機でお馴染みのダイドードリンコさん。 子どもの頃はコーヒーを飲むことはありませんでしたが、父親が定番のダイドーコーヒーを片手に仕事をしている姿がとても印象的でした。 今では自分がコーヒーを飲むようになり、感慨深いものがあります。 さて、そんなダイドードリンコさんから、三重県民にとって嬉しいニュースが飛び込んできました。 嬉しいニュースとは、2019年9月2日に三重県内のみに販売を限定した「ダイドーブレンド 三重まろやか カフェオレ」を発売されたことです。ダイドードリン ...

千葉県銚子市 屏風ヶ浦遊歩道 サンセットビーチ2

三重県暮らしの情報 地域の魅力(国内旅行)

2019/10/18

千葉県の銚子の川に親近感 三重県紀北町の銚子川と比べてみた

三重県紀北町に流れる奇跡の清流 銚子川に出会ってから、気になって気になってしかたがなかったことがあります。 「銚子川って千葉県にあるの?」 関東で会った友人に「銚子川ってめっちゃ綺麗なんやよ。」と話したところ、衝撃的な返答に身が震えました。 みえ案内人なんだと・・・千葉県にも銚子川がある!?一体どんな川なんだ。 調べてみると千葉県銚子市には大きな川が流れていました。 その川の名は「利根川」。 みえ案内人「君の名は」みたいなイントネーションで、カイジをぶちこんでくる感じ・・嫌いじゃない。 三重県の銚子川を愛 ...

慈眼山 金胎寺 夏越の祓い・茅の輪くぐり3

イベント イベント 三重県暮らしの情報 三重県観光情報 観光スポット

2019/8/16

鳥羽名所 金胎寺|境内で巡る新八十八ヶ所と鳥羽の町並みを眺望

鳥羽なかまちの高台に位置する慈眼山 金胎寺で2019年6月末、初めて夏越の祓い、茅の輪くぐりが執り行なわれた。法螺貝を吹く住職の姿や大きな茅の輪、新八十八ヶ所巡り、階段下に広がる鳥羽暮らしの光景など、本記事では鳥羽 慈眼山 金胎寺を紹介していく。

金胎寺 茅の輪くぐり

イベント 三重県暮らしの情報

2019/8/16

鳥羽市 金胎寺散策 夏越の祓い 茅の輪くぐりを2019.6.30に初開催

鳥羽市鳥羽3丁目の鳥羽城主代々の祈願寺として有名な慈眼山 金胎寺にて、弘法大師御開帳記念 「夏越の祓い 茅の輪くぐり」が2019年6月30日(日)に開催されます。 時間:午前10時30分〜午後3時まで(随時、ご祈願受付) ※.境内の茅の輪はは6月21日より設置されています。 慈眼山 金胎寺の境内には、江戸時代に四国の船頭が開いたとされる「新四国八十八カ所」小霊場もあります。鳥羽の海や町並みとはまた違った空間が広がり、まだ一度も訪れたことがない人は、夏越の祓いをきっかけに参拝されてみてはいかがでしょうか? ...

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.