三重県観光情報 伊勢志摩の観光 志摩市のお土産

三重県名物 伊勢志摩お土産の定番 あおさのり 冬の風物詩 緑の絨毯は必見

乾燥あおさのり2

ようこそ、伊勢志摩へ。

三重県に観光にきてくれた家族が伊勢志摩の海岸沿いをドライブしています。窓をのぞく女の子が海に浮かぶ光景に「?」を浮かべました。

あおさの養殖風景

女の子「ねぇパパ、ママ見て。海がみどりいろー」

ママ「ほんとねぇ。緑色の絨毯みたい。何かの海藻なのかしら。」

パパ「緑の絨毯の正体はね・・・あおさという海藻だよ。三重県では養殖が盛んだそうだ。」

女の子「へぇーそうなんだ。パパものしりー。」

(ハンドルを握り運転に集中するパパはドヤ顔をきめた 。)

 

三重県では年明けから徐々に「あおさのり(別名ヒトエグサ)」の養殖が最盛期を迎え、海を綺麗な緑に彩ります。ご紹介した家族の会話のように、伊勢志摩地域へドライブした人は道路脇から見える「緑の絨毯」に目を奪われた経験があるかもしれませんね。

生産量NO.1の「三重県産あおさのり」は実は三重県民の暮らしだけでなく、日本全国で親しみのある食材なんです。

健康にも良い海藻としてもますます注目もされている「あおさのり」のことを、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

三重県が「あおさのり」の産地である理由

水洗い済みあおさのり

三重県では松阪市〜伊勢志摩、南伊勢〜紀北町で「あおさのり」の養殖が盛んです。

「あおさのり」がたくさん養殖されている伊勢湾では、北は木曽三川・南は清流宮川といった「山や川からの栄養」と黒潮が運んでくる「海からの栄養」を豊富に取り込んだ恵まれた環境にあります。

栄養豊富な海では様々な海藻をはじめ、新鮮な魚介類や貝養殖など海の幸を育みます。「あおさのり」は波が緩やかで塩分濃度が低い海が「あおさのり」の養殖に適していて、伊勢湾を筆頭に穏やかな湾内で育まれているんです。

あの商品の原材料は実は・・・身近なところに「あおさのり」

丸眼鏡のフリーアイコン

ここでクイズです。

丸メガネをかけた三木のり平氏のアニメキャラCMでお馴染みの、定番のご飯のお供といえば?

 

 

 

 

 

 

 

正解は・・・桃屋の「江戸むらさき ごはんですよ!(以下、ごはんですよ)」です。

実は「ごはんですよ」は「あおさのり」が原材料で主に伊勢湾周辺で獲れたものが使われているんです。ホカホカのご飯に「ごはんですよ」を乗せて食べれば、甘じょっぱくてトロリとした食感にお米がからんで・・・もう最高ですよね。公式HPによると三重県松阪市にのりの原材料処理をする専門工場があるそうです。

江戸むらさき ごはんですよ! | 桃屋オンラインショップ
江戸むらさき ごはんですよ! | 桃屋オンラインショップ

大人気商品「ごはんですよ!」の桃屋公式オンラインショップ「江戸むらさき ごはんですよ!」のページです。

続きを見る

僕の実家では「ブンセンのアラ」がよく食卓に登場していました。「ブンセンのアラ」も「あおさのり」が原材料です。産地は三重県産かはわかりませんでいたが、三重県の「あおさのり生産量シェアは約70%」なので可能性は高そうです。

のりつくだ煮 | 商品情報 | ブンセン株式会社
のりつくだ煮 | 商品情報 | ブンセン株式会社

のりつくだ煮   キャップ絵募集中昭和36年の発売以来、愛され続ける定番品。のりの香りがよいのが特徴、のりつくだ煮の元祖です。トロ〜リなめらか、あたたかいご飯に添えてどうぞ。納豆と和えたり、湯豆腐、冷 ...

続きを見る

健康にも良いと評判の「あおさのり」

乾燥あおさのり2

「あおさのり」は過去に数々の健康番組にも取り上げられるほど、注目の食材です。

「あおさのり」はカロリーがほぼ無くて、食物繊維たっぷり(食物繊維の代表格であるゴボウの約7倍)で、カルシウムやビタミンA、葉酸といった栄養が豊富です。

ある健康番組では「あおさのり」に含まれるマグネシウムに注目し、硬くなった血管を緩める働きがあるという紹介もされています。水に戻してすぐに手軽に料理で使えることもグットポイントです。ちょっとした一工夫で料理の幅が広がり、健康にも良いって・・・「あおさのり」って万能すぎませんか?

「あおさのり」の食べ方いろいろ

調べれば調べるほど、驚異の健康食材だということに気づかされる「あおさのり」は三重県でも日常的に食されています。まず定番なのが「味噌汁」ですね。磯の香りが心地よくて、味噌汁と合わせて五臓六腑にしみわたります。

僕は伊勢市育ちですがあおさのりの味噌汁は思い出の味でもあり、今でも親しみを持って飲み続けてます。

みえ案内人
具材を買い忘れた時、パッと「あおさのり」を入れて味噌汁が完成!忙しい主婦の味方ですね。

あおさのりの天ぷら

僕の一押しが「あおさのりの天ぷら」です。サクッと食べてジュワッと広がる磯の風味が最高です。天つゆや塩胡椒をつけてどうぞ。

あおさのりの卵焼き2

お弁当に入っている卵焼きが「あおさのりの卵焼き」だったら、ちょっと特別感があって嬉しいです。栄養抜群な卵と最強のタッグがここに誕生です。

いつもあなたのそばに「あおさのり」

あおさの養殖を望める伊勢湾

「あおさのり」が全国的にも有名で「ごはんですよ」や三重県で定番の味噌汁などに使われている、実は身近な食材だということをわかってもらえましたか?

「あおさのり」は健康を支えてくれる食のパートナーとして、たくさん食べて毎日快適生活を楽しみましょう。

冬の風物詩「あおさのりの緑の絨毯」もぜひ見にきてくださいね。

伊勢志摩情報 関連記事一覧

2022/9/27

伊勢志摩のウツボがご当地バーガーに。鳥羽駅直結 かもめテラスで高校生発案の「TSGバーガー」を、美味しくいただく。

伊勢志摩の海が育む豊かな恵み。伊勢海老やあわびなど、伊勢志摩を代表する食材をはじめ新鮮な魚介類で溢れています。 しかし近年、地球温暖化に気候変動、黒潮大蛇行などの海の変化が起こっています。例えば、伊勢志摩の海で海藻が少なくなっていたり、アワビが獲れなくなっていたり。逆にとある魚が多くなって、海の生態系に影響を及ぼしているなんてことも。 そんな海の課題に三重県立宇治山田商業高等学校(以下、山商)の高校生が地域と連携して、ご当地バーガー「TSGバーガー/Toba Shima Gang burger 」を開発し ...

ReadMore

2022/9/18

Youtube番組【発見!三重びとリサーチVol.1】発酵と燻製のスペシャリスト 海童工房魚寅杉田さんにインタビュー

三重県の物産や観光分野で活躍されているゲストの方に、地域や商品の魅力、知らなかった新たな発見を視聴者の方にお届けできたらという趣旨の番組「発見!三重びとリサーチ」。 初回のゲストは、三重県鳥羽市の発酵と燻製の専門店「海童工房魚寅(かいどうこうぼう うおとら)の杉田さんです。杉田さんは三重県が誇る発酵と燻製のスペシャリストであり、旨味の探求者です。どうやったら旨味を向上させられるか、旨味探求は試行錯誤の連続。朝早くからの仕入れや魚を加工する作業など、大変なことも多いです。ただ、一つ間違いないのは旨味を探求し ...

ReadMore

2022/8/21

伊勢うどんが丸ごとアラレに!?岩戸屋さんの伊勢うどんあられを、伊勢のお土産にどうぞ。

...時は2022年夏。あるようでなかった新たなお土産が伊勢市に爆誕しました。 その名も「伊勢うどんあられ」!そう、伊勢のソウルフード伊勢うどんが何とアラレになりました。しかも、伊勢うどんの麺やタレを使ったアラレという徹底したこだわりがあり。 本記事では、岩戸屋さんから新発売された「伊勢うどんあられ」を実食して、味わいや伊勢うどん感を徹底検証。商品の内容や販売しているお店を記事にまとめています。また、ひらめきで試してみた「伊勢うどんあられ」のアレンジレシピ?もご紹介してますので、ぜひチェックしてください。 ...

ReadMore

2022/4/25

伊勢のお茶漬け 磯小町(いそこまち)であられ茶漬けを味わう。

ちょっと小腹が空いたそんな時、食べたくなる定番品「お茶漬け」。米とお茶、日本人だからこそ食してきた文化は少し形を変えて、ご家庭で気軽に常備できるお茶漬け文化として定着していますよね。 お茶漬け素なら●谷園!(※.和田アキ子さんの声で、チャーハンで再生される...)というキラーフレーズはお馴染みとして、実は伊勢にもお茶漬けの素があるのをご存知ですか? 今回は伊勢市民が「えっ全国区じゃないの?」と定着している磯小町さんの「伊勢のお茶漬海苔」をご紹介します。 みえ案内人本記事では、伊勢の郷土食 あられ茶漬けを「 ...

ReadMore

2022/1/25

的矢かきテラスで絶品牡蠣料理を満喫。利用の様子やアクセスまで徹底解説!

的矢かき・・・伊勢志摩、いや三重県、いや日本を代表するブランド牡蠣で牡蠣好きならご存知の方も多いでしょう。 そんなブランド牡蠣を存分に味わい尽くせるお店が2022年1月26日(水)にOPENします。お店の場所は何と、的矢かきを生産・販売する佐藤養殖場さんの敷地内なんです。 気になりすぎるお店の名前は...的矢かきテラス! みえ案内人しかも、牡蠣シーズン以外は海鮮丼などの新鮮魚介メニューも堪能できるお店なのだとか... 的矢かきテラスを一言で表すと...絶景と絶品を一度に味わえる最高のお店です。 本記事では ...

ReadMore

三重県観光スポット 関連記事一覧

-三重県観光情報, 伊勢志摩の観光, 志摩市のお土産
-, , ,