三重県観光情報 伊勢志摩の観光 鳥羽市観光

伊勢湾フェリーと高速利用を徹底比較 渋滞回避で車ごと伊勢志摩へ

伊勢湾フェリー伊勢丸

車を運転するドライバーさんが普段から陥りたくない状況が「渋滞」ですよね。

「できれば渋滞は華麗に回避したい・・・」

道路渋滞

三重県を代表的する観光地「伊勢神宮」を目指して、亀山あたりで渋滞にはまってしまったエピソードは僕もよく耳にします。

そんな悩みの打開策が愛知県伊良湖(田原市)から三重県鳥羽市を繋ぐ「伊勢湾フェリー」の活用です。

三重県への旅行で「伊勢湾フェリー」をうまく活用してスケジュールに組み込めば、楽しい船旅ライフを楽しめて、渋滞も回避できます。ストレスなく目的地に辿り着けますよ。

愛知県と三重県をつなぐ 伊勢湾フェリーの簡単なご紹介

伊勢湾フェリー伊勢丸

「鳥羽と伊良湖を結ぶ最短ルート」として、乗船時間が約55分の船便です。

高速道路が整備されたことで、2010年に廃船の危機に陥りましたが自治体の支えもあって存続したという経緯があります。

廃船していたら紹介もできなかったと思うと時代の変化とはいえ、何だか寂しくなりますね。

伊勢湾フェリー活用のメリット

主に高速道路利用した場合との比較になりますが、伊勢湾フェリーの魅力を挙げると

  1. ストレスや疲労軽減になる
  2. プチ船旅を楽しめる

の2点が挙げられます。順番に紹介していきましょう。

1.ストレスや疲労軽減になる

車の長時間運転は、自分自身が想像している以上に心身共に疲れますよね。

旅先で渋滞にはまってしまうと計画していたスケジュール変更を余儀なくされたり、チョロチョロ運転でイライラが募ったり、状況によっては睡魔が襲ってきたりして、さらに疲労が蓄積してしまいます。

仰向けで転げる男性

伊勢湾フェリーでは船が車と身体を運んでくれますので、船内でゆっくり休むことができます。ドライバーさんにとっては、憩いの時間となることでしょう。

2.プチ船旅を楽しめる

伊勢湾フェリーの活用の一番の魅力は、船での移動自体を旅行を楽しむ一つのイベントにしてしまうことでしょう。船の上で楽しみながら、疲れた身体もリフレッシュできますよ。約55分間の船旅を楽しむポイントを紹介します。

伊勢湾でさまざまな船に出会える

大きな船体

伊勢湾にはたくさんの船が海をグングンと突き進んでいます。とても大きな船や小型漁船まで、眺めていて楽しいです。遠くにいる小さな船に近づいていくと、ものすごく大きな船だったりして驚きもありますよ。

伊勢湾フェリー知多丸伊良湖の方へ

鳥羽から伊良湖へ向かう「伊勢湾フェリー 知多丸」ともすれ違いました。ぜひ、乗船時は探してみてください。

ちなみに僕が乗っていたのは「伊勢湾フェリー 伊勢丸」です。「伊勢湾フェリー 鳥羽丸」があって、合計3隻が伊良子と鳥羽をつないでくれています。

鳥羽の離島を発見できる

神島

小説家の三島由紀夫氏著書「潮騒(しおさい)の舞台となった島が「神島」です。鳥羽市には神島、答志島、菅島、坂手島の4つの離島があります。すべて移動中に見つけることができますよ。

大海を飛ぶ鳥を目で追いかける

大海のカモメ2

移動する伊勢湾フェリーを追いかけるように「ユリカモメ」が飛んでいました。上空から滑降しながら海上スレスレをもの凄いスピードで飛び立っていく姿は見ごたえがあります。

鳥羽で迎え入れるカモメ

鳥羽の町に近づくと、たくさんの「ユリカモメ」が到着を祝福してくれます。なかなか圧巻ですよ。

運が良ければイルカに出会えるかも

伊勢湾フェリーの公式HPで「イルカの発見情報」をみることができます。旅行の目的地に向かう船旅で、運よくイルカに会えたら素敵な思い出になりますね。

2018年7月24日に伊勢湾フェリー知多丸にて撮影された「回遊するイルカの群れ」がYoutTube動画でも紹介されています。

伊勢湾フェリー公式HP「最近のイルカの発見情報」

伊勢湾フェリー活用のデメリット

お金と時間がかかる高速利用+約1時間程度かかる

渋滞やアクシデントなどを抜きにして、純粋に目的地までの時間やお金を計算してみました。

前提条件

  • 家族構成:父、母、娘(小学生以下)の計3人
  • 車:コンパクトカーで燃費が1ℓあたり約18km
  • ガソリン代:1ℓあたり140円
  • 利用日:休日

浜松I.Cを基準とした伊勢神宮までの時間目安

東名高速道路を利用した場合

ルート:浜松I.C→豊川I.C→豊田JCT→伊勢西I.C

料金の計算

  1. 高速料金:4,100円(休日割引適用)
  2. ガソリン代(距離225km):1,750円

合計5,850円

時間の計算

  • 浜松I.C→豊川I.Cまで約30分
  • 豊川I.C→豊田JCTまで約25分
  • 豊田JCTから伊勢西I.Cまで約1時間45分+20分(SAで休憩)
  • 伊勢西I.Cから伊勢神宮まで約5分

合計3時間5分

伊勢湾フェリーを利用した場合

伊勢湾フェリー 伊勢丸拡大

ルート:浜松I.C→伊良湖→鳥羽→伊勢神宮

料金の計算

  • 車と運転者(父)の利用料金:5,660円
  • 母、娘(小学生以下)の利用料金:4,370円
  • ガソリン代(距離100km):778円

合計10,808円

時間の計算

  • 浜松I.C→伊良湖まで約1時間50分
  • 伊良湖→鳥羽まで55分+30分(受付)
  • 鳥羽→伊勢神宮まで約30分

合計3時間45分

比較してみると・・・

料金比較の結果

  • 高速利用の場合:5,850円
  • 伊勢湾フェリー利用の場合:10,808円

伊勢湾フェリーの方が4,958円分料金が高くなります。料金のみで考えると、高速道路利用が魅力的です。

時間比較の結果

  • 高速利用の場合:3時間5分
  • 伊勢湾フェリー利用の場合:3時間45分

伊勢湾フェリーの方が40分多く時間がかかります。肌感覚になりますが、40分程度なら船上での休憩も加味して、早めに家を出発する工夫でスケジュール調整ができそうです。

みえ案内人
例えば、車と運転手のみの伊勢湾フェリー利用すると6,438円となります。その場合は588円の差額なので、125km分の運転をしなくて良いと考えると魅力的ですね。

便数に限りがある

船の軌跡

便数は鳥羽発・伊良湖発ともに8便です。

始発便が午前8時10分で最終便が午後5時40分となっていますので

※.ゴールデンウィークなど、特別時刻表での運行となり便数が増え、時間変更もあるので注意しましょう。

到着時間を想定して余裕を持って「伊良湖のりば」に向かいましょう。事前に乗船予約をしてしまうのも、一つの方法です。

3回ほど乗船してみましたが、混雑で次の便に回ってしまった経験はありません。ただし、ゴールデンウィークを含めて予約不可の期間もあるので注意が必要です。不安な場合は電話で問い合わせてみましょう。

ドライバーの負担軽減と船旅を楽しむなら、迷わず「伊勢湾フェリー」

旅行は初めての土地であればあるほど、限られた時間の中で楽しむために、ハードスケジュールになりがちです。

特に予期せぬ渋滞に遭遇して疲れきったドライバーさんは、目的地でぐったりして旅行を楽しめていないかもしれません。

「ドライバーさんの負担を減らしてあげたい。」という思いやりから、伊勢湾フェリーを活用してみるのも良案です。

運転に疲れたドライバーさんは船内でごろ寝して、同乗者は離島や大空を飛ぶユリカモメ、大型船を眺めるなんていかがでしょうか?

約55分の船旅をスケジュールに組み込んで、思い出の伊勢志摩旅行ライフを楽しんでください。

しおさい街道 伊勢湾フェリーのご紹介

公式 HP:https://www.isewanferry.co.jp/
営業時間:7:40〜17:40
休 業 日:年中無休
鳥羽のりば住所:三重県鳥羽市鳥羽三丁目1484-111
鳥羽のりば電話番号:0599-25-2880

伊良湖のりば住所:愛知県田原市伊良湖町宮下3000-65
伊良湖のりば電話番号:0531-35-6217

-三重県観光情報, 伊勢志摩の観光, 鳥羽市観光
-, ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.