三重県北部(北勢)の観光 三重県観光情報 亀山市観光

関宿のカフェ 茶蔵茶房(さくらさぼう)でセルフドリップを初体験

江戸時代から歴史・文化を現在につなぎ続ける、三重県を代表する観光スポット 関宿。

東海道53次47番目の宿場町では、新しいお店が次々とOPENしているのをご存知ですか?

2021年3月3日にOPENしたカフェ 茶蔵茶房(さくらさぼう)は、訪れた人は目を輝かせてしまうポイントが盛りだくさんのお店です。今回は、カフェ 茶蔵茶房での体験レポートをご紹介します。

 

  • ドリップコーヒーの美味しさを学べる
  • 和菓子にコーヒーを合わせる
  • 日常にない特別な空間に癒やされる
みえ案内人
というキーワードにピンとくる方は、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

CAFE 茶蔵茶房(さくらさぼう)について

茶蔵茶房(さくらさぼう)は、2021年3月3日にOPENしたカフェです。銘菓 関の戸で有名な江戸時代寛永年間(1624年~1645年)創業の老舗和菓子屋 深川屋陸奥大掾(ふかわやむつだいじょう)さんが直営されています。

お店では

  • 1階 カフェスペース
  • 2階 レンタルスペース
  • 屋外 中庭スペース

に分かれています。

みえ案内人
茶蔵茶房さんに伺って、まず目に飛び込んでくるのがカラフルな鍵のイラストです。

アーティストSHETAさんが描いた壁画「KEY POINT」

SHETA(シータ) LOVE&Peace Artist

湘南出身。親しみとユーモア溢れる作品を色鮮やかと大胆かつ力強い線で表現している。

公式Instagram:https://www.instagram.com/shetagram/

茶蔵茶房の壁画(ミューラルアート)のデザインは「KEY POINT」。数字は過去から現在、未来という時の流れを、様々な形や色で表現される鍵は「人(個性)」を表現。重なり合った鍵は、人の出会いや支え合い、前に進むことができることを表現されています。

みえ案内人
SHETAさんは、伊勢の7DAYBANANAの絵を描かれた方です。伊勢と亀山が鍵に込められた絵のように重なったように感じて、何だか嬉しいです。

1階カフェの店内の様子

茶蔵茶房入り口の暖簾をくぐると、自然の光が差し込むカラフルでホッと落ち着く空間が広がります。カウンターに腰掛け、アーティストSHETAさんのキーポイントやスタイリッシュなコーヒー器具を眺めていると、自然とPOPで楽しい気持ちになりますよ。

定期的な換気や消毒等、新型コロナ対策も徹底されています。

2階レンタルスペースの様子

さくらルーム

EEルーム

階段で2階へあがると、レンタルスペースが2部屋あります。

  • さくらルームは、打ち合わせなどの会議やリモートワークにも使えるスタイリッシュなお部屋
  • SHETAさんの絵に包まれたEEルームは、アートの展示など自由に使えるシンプルかつ楽しい空間が広がるお部屋

になっています。

みえ案内人
各お部屋ごとのレンタルだけでなく、1階も含めた全館レンタルもできるそうですよ。

中庭スペース SHETA GARDENの様子

SHETAさんといえばサボテン

お店ではオリジナルグッズも販売

1階カフェから見えていた中庭「SHETA GARDEN」は、開放的な屋外になっています。ポップコーンやドリンクなど、テイクアウトメニューを窓越しに注文も可能です。椅子に腰掛けて、SHETAさんの壁画をゆっくりと眺められます。

お食事とコーヒー カフェ茶蔵茶房のメニューを一部ご紹介

セルフドリップ 美味しい珈琲の淹れ方

茶蔵茶房ではお食事メニューが充実。

  • 松阪牛ソーセージドッグ
  • 亀山豚ソーセージドッグ
  • バーグカレーライス
  • マルゲリータピザ
  • しらすとトマトの和風ピザ
  • 松阪牛の握り寿司2貫

をはじめ、ピザやカレーライスもあります。

みえ案内人
伊勢うどんも食べられるのには、驚きました。

カフェメニューも充実したラインナップです。

  • 吉右衛門プレミアム珈琲(関の戸付き)
  • 銀座空也しずくブレンド(関の戸付き)
  • 茶蔵茶房ブレンド(関の戸付き)
  • 十杯限定水出し珈琲(関の戸付き)
  • ハンドプレスエスプレッソ(関の戸付き)
  • マシュマロカフェオレ(季節のフレーバー付き)
  • 高級伊勢茶
  • 熊野オレンジジュース
  • 青蓮寺湖葡萄ジュース
  • 真珠塩サイダー
  • ジンジャービネガー
  • カルダモンコーラ

など。

みえ案内人
三重県で溢れてます。珈琲は関の戸付きなのも嬉しいです。

 

今回は、実際に筆者がお店でいただいたメニュー ピザと2種類のコーヒーをご紹介していきます。

三重県で獲れたしらすを使ったトマトの和風ピザに舌鼓

まずはお食事から。店主おすすめの「しらすとトマトの和風ピザ」をチョイスしました。三重県鳥羽市の離島「答志島」といえばシラスです。トマトとシラスが絶妙に合わさった和風ピザはとっても美味しくて、またたく間にペロッと一枚完食してしまいます。

みえ案内人
チーズ好きにはたまらない「追いチーズ」オプションもあります。

日本で2箇所だけの特別ブレンドの癒やし。初めてのセルフドリップ体験で至福のひと時。

セルフドリップという言葉をご存知ですか?

その名の通り、珈琲を自らドリップして飲むスタイルで、道具や材料の準備はお店が用意してくれます。

体験型の珈琲は初めてで、とてもワクワクすること間違いなし。

しかも、セルフドリップにチョイスしたのは...日本でたった2箇所だけの特別なコーヒー「銀座空也しずくブレンド」です。

銀座空也しずくブレンドとは

あんことの相性を追求した空いろ(銀座最中「空也」菓子ブランド)オリジナルのブレンドコーヒー。

ぎんざ空也 そら色公式WEBサイト

みえ案内人
つまり...銘菓 関の戸との相性を約束されています!

店主のレクチャーを受けながら、「の」の字を意識してコーヒードリップポットのお湯を注いでいきます。

焦りは禁物で、ドリップ後にプツプツと湧き上がり弾ける気泡の様子を温かく見守ります。

みえ案内人
フワッと広がる珈琲の透き通った香りに、ポタポタと落ちる雫をじっと眺めているだけでも、もう美味しくて癒やされます。

「の」の字ドリップと弾ける気泡、ポタポタ落ちる雫をじっと眺めるを数回繰り返して.....

セルフドリップの「銀座空也しずくブレンド」の完成です!

まずはコクリと一口いただくと、爽やかな飲み口。そのままブラックでも飲みやすく、身体にゆっくりと浸透していく感覚に。

みえ案内人
こだわりの珈琲豆と本格的な道具で自らドリップしたため、味わいもまた格別。

そして銘菓 関の戸と合わせて「銀座空也しずくブレンド」をいただくと、上品で優しい甘さが珈琲と溶け合います。もう、幸せの一言です。

1日10杯限定の水出しコーヒーも、2杯目にいただきました。

温かな珈琲とは異なる、突き抜ける香りとスッキリと喉を通る爽快感。そして何よりも珈琲が喉を通った後の、余韻が何とも言えない心地よさです。

さらにアイスコーヒーに浮かぶ氷にもご注目。運が良ければ「バラの形をした氷」に出会えるかもしれません。

みえ案内人
ちなみに「バラの形をした氷」は、コーヒーを凍らせて作られています。

関宿を訪れたら、まずはカフェ 茶蔵茶房(さくらさぼう)へ

  • 2020年12月15日にOPENしたお土産処 関見世吉右衛門(せきみせきちえもん)
  • 2021年3月3日にOPENしたcafe 茶蔵茶房(さくらさぼう)

と深川屋さんプロデュースのお店に続き、関宿では新しいお店(飲食店やセレクトショップなど)が続々とOPEN予定です。

日本最長1.8km 伝統的建造物群を有する、東海道53次の47番目の宿場町 関宿。

関宿を訪れた際、まずは茶蔵茶房の珈琲で一息つき、歴史文化を継承しながら変化する新たな町を散策してみてはいかがでしょうか?

カフェ 茶蔵茶房(さくらさぼう)へのアクセス

みえ案内人
車でも電車でも、アクセス良好です。最新情報はSNSをチェック!
店名茶蔵茶房(さくらさぼう) SAKURASABO
住所三重県亀山市関町新所1765-5
休業日木曜
営業時間10:00~16:00
電話番号0595-86-5780
公式WEBなし
深川屋公式WEBはこちらこちら
公式SNS 最新情報はこちらから茶蔵茶房 公式facebook
駐車場あり 3台程度
アクセス方法【車】
関ICから車で5分
津駅から車で25分

【公共交通】
JR亀山線 関駅から徒歩10分
備考

関連チェック
関見世 吉右衛門(せきみせ きちえもん)に三重県産品が集う。あの意外な福岡銘菓も? |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)
関見世 吉右衛門(せきみせ きちえもん)に三重県産品が集う。あの意外な福岡銘菓も? |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)

伊勢うどんにあおさのり、伊勢茶にみかんジュース、関の戸に志ら玉も。 店内をグルリと回ると、そこには三重県が溢れていた。 お店は関見世 吉右衛門(せきみせ きちえもん)。伝統的な建造物が立ち並ぶ歴史の町 ...

otonamie.jp

関連チェック
歴史と思い出、出会いの関宿〜亀山市関町で暮らす服部吉右衛門亜樹さんとまち歩き |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)
歴史と思い出、出会いの関宿〜亀山市関町で暮らす服部吉右衛門亜樹さんとまち歩き |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)

-三重県の各町で暮らしている住民の方と一緒にまちを歩くと、今まで見えていなかった光景が広がっているに違いありません。 そんな企画趣旨に今回、ご協力をいただけたのは亀山市関町の服部吉右衛門亜樹さん(以下 ...

otonamie.jp

-三重県北部(北勢)の観光, 三重県観光情報, 亀山市観光
-, , , , ,

© 2021 三重県 お土産観光ナビ