ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

鳥羽の新名物 鳥羽駅近くの海女小屋 十八屋 真珠焼きと海の七草粥

海女小屋十八屋 真珠焼き1

時刻は正午を少し過ぎる頃、電車旅で到着した三重県鳥羽市。

目的は「ミキモト真珠島」で真珠の歴史や展示されている装飾品を鑑賞すること。

天気が良くて、背伸びをしたあと鳥羽駅の改札を抜け、2番出口から外へ出ました。

あたりを見渡すと、道路を挟んだ海側に「噴水」が見えます。

商業施設らしき建物もあります。

「まずは海を眺めて、何か食べていきたいな。」

行き当たりばったりな旅ですが、まずは「噴水」を目指して、歩いて行くことにしました。

イルカの噴水に到着。鳥羽の海を眺めて足湯で一休み・・すると

イルカ噴水2

歩いて2分くらいで、噴水に到着です。

噴水のモニュメントはイルカでした。

鳥羽とイルカってどんな関係が?と思って調べてみると、

鳥羽にはイルカ島という島があって、イルカと触れ合える体験ができたり

「三重県鳥羽市⇆愛知県田原市」を航路でつなぐ、伊勢湾フェリーでは船上で野生のイルカに遭遇できたり

するようです。

イルカの噴水の周辺には

  • 鳥羽一番街(商業施設)
  • 鳥羽マルシェ(商業施設)
  • 足湯(無料)

がありました。

イルカ噴水2

鳥羽マルシェをちらっと覗くと、お土産や地場の農産物、生簀で泳ぐ新鮮な魚などが並んでいます。

「帰りにここでお土産を買っていこうかな。」

鳥羽マルシェを出て、再び「イルカの噴水」側へ。

イルカ噴水 足湯1

次に「イルカの噴水」に到着した時から気になっていた「足湯」を目指します。

午前中は「伊勢神宮への参拝」や、「おはらい町の散策」で歩き疲れていました。

「せっかくなので足湯で一休みしよう。」

靴を脱いでお湯に足をつけます。

イルカ噴水 足湯6

温かくて、とっても気持ちが良いです。

眺めも良くて、

イルカ噴水 足湯3

見たかった海を眺めたり

イルカ噴水 足湯2

先ほどのイルカの噴水を眺めたり、ゆったりとした時間を過ごせました。

「さて、何か食べたいな。お店はどうしよう。」

足湯で身体をストレッチしながら、イルカの噴水側を眺めていると・・・

イルカ噴水 足湯5

「十八屋」

の看板を見つけました。

「鳥羽なので『とばや』かな?・・・それとも『じゅうはちや?』」

温まった濡れた足をタオルで軽く拭いて、「十八屋」の看板を目指して歩い行くことにしました。

お食事処「海女小屋 十八屋」メニューに気になる料理を見つける

海女小屋十八屋 看板

遠くからでは文字がはっきりわからなかったのですが、「十八屋」の上に「海女小屋」と表記されていました。

「十八屋」と書いて、「じゅうはちや」と読みます。

メニューを覗くと・・・

  • お造りの盛り合わせ
  • 鳥羽産の焼き牡蠣
  • 「伊勢うどん」や「わかめうどん」、「めかぶうどん」
  • 真珠焼き
  • 海の七草粥

と美味しそうな料理名に目移りします。

離島「答志島 桃取」の牡蠣「桃こまち」を店内で焼いて食べられるそうです。
※.ただし、牡蠣のシーズン1月〜5月ごろまでとのこと

牡蠣も食べたい・・・けど、特に気になったのが「真珠焼き」と「海の七草粥」

一体、どちらもどんな料理なんだろう?

ご飯の後は「ミキモト真珠島」へ向かうので、運命的な出会いを感じます。

高まる期待を抱きながら、「海女小屋 十八屋」の入り口のドアを開きました。

海女小屋 十八屋 店内の様子

店内に入ると目に止めるのが、

  • 頭上に装飾された漁で使う網
  • 生簀で動く伊勢海老
  • 煙を吸い込む筒

でした。

煙を吸い込む筒は「焼いた牡蠣」の煙を吸い込むのでしょう。

海女小屋十八屋 生簀

入って早々、つい生簀の「伊勢海老」や「答志島産の牡蠣」を眺めてしまいます。

伊勢海老がゆっくりヒゲを動かすのを目で追っていると、ぐぅーとお腹の音が鳴りました。

身体がご飯を欲しています。

名残惜しく伊勢海老に別れを告げてカウンターに座りました。

早速、気になっていた「真珠焼き」と「海の七草粥」を注文。

目の前のモニターで流れる、地元(鳥羽) の情報番組を観ながら料理が運ばれてくるのを心待ちしました。

気になるお料理PART① 真珠焼きの正体とは

海女小屋十八屋 真珠焼き3

海女小屋十八屋 真珠焼き6

注文して、まず出てきたのが「真珠焼き」です。

見た目は・・・どう見ても「たこ焼き」。

ただ普段から親しみのある「たこ焼き」よりも、美しく上品な印象を受けます。

マヨネーズと・・・粉雪のような白い粉はなんでしょう?

店主「真珠粉なんですよ。詳しくはパールシェルカルシウムです。」

丸くて綺麗な真珠は、真珠貝(あこや貝)の貝殻を形成する外套膜によって出来上がります。

※.真珠が出来上がる話はいろいろ省略してます。

鮑の貝殻を思い浮かべるとわかりやすいです。

鮑の貝殻の内側はキラキラしてますよね。

そのキラキラした部分を粉末したのが真珠と同じ成分の「パールシェルカルシウム(ちなみに鮑も真珠がごく稀にとれる)」なんですね。

感心しながら、一口パクッと「真珠焼き」を頬張ってみました。

すると・・・タコのような歯ごたえの良い弾力がある何かが中に入っています

こちらも上品なタコ?焼きといった印象を受けて、噛めば噛むほど旨味が広がっていきます。

店主「中身はタコではなくて、真珠貝(アコヤ貝)の貝柱です。」

海女小屋十八屋 真珠焼き4

中身を開けて確かめてみると、勾玉のような形をした真珠貝(アコヤ貝)の貝柱が出てきました。

想像していたよりも大きい貝柱です。

店主「生地も真珠貝(アコヤ貝)」の貝柱の出汁で練り上げてます。」

店主のこだわりを聞いて、もう一口食べるとより一層美味しく感じます。

あっという間に8個を完食してしまいました。

「真珠焼き」は見た目、素材、味わいと真珠にこだわった料理だったんですね。

ちなみにお値段は680円(税抜)です。

気になるPARTお料理② 海の七草粥の優しさに包まれる

海女小屋十八屋 海の七草粥1

続いて運ばれてきたのは「春の七草粥」ではなく、「海の七草粥」です。

実は鳥羽市の港町「国崎」地域では、地元でとれた海藻を刻んで神棚に備え、無病息災を願う「ナナクサタタキ」という風習があり、。

「海女小屋 十八屋」では地域の風習を知ってもらうきっかけになればと「海の七草粥」をオススメメニューとして提供しているそうです。

海女小屋十八屋 海の七草粥2

「海女小屋 十八屋」の「海の七草粥」は、地元でとれた7種類の海藻

  • あらめ
  • あかもく
  • あおさ
  • ひじき
  • 天草
  • ふのり
  • わかめ

を佃煮にして、柔らかなお粥と混ぜていただきます。

海女小屋十八屋 海の七草粥4

海女小屋十八屋 海の七草粥5

とろとろのお米に7種の海藻佃煮をかき混ぜて・・・・パクッと一口!

海藻の佃煮がアクセントになって、スルスルっと胃を優しく満たしてくれます。

「真珠焼き」を食べたあとでしたが、難なくぺろっと食べきりました。

料金は450円(税抜)とお手頃なので、少し小腹が空いた時などにいいかもしれませんね。

海女小屋 十八屋でお腹を満たして、いざ ミキモト真珠島へ

足湯に浸かって海を眺めて、

「真珠焼き」と「海の七草粥」を食べて、

午前中で歩き疲れた身体に、元気が戻ります。

これから向かう「ミキモト真珠島」がとっても楽しみです。

「ごちそうさまでした」と店主に声をかけ、席を立ちました。

イルカ噴水3

「海女小屋 十八屋」を出て、イルカ噴水の横を通り、海沿いを歩いていきます。

歩いていると、

竜宮城みたいな船が乗客を乗せていたり

丘の下に「大きな家紋(九鬼嘉隆の)」が掲げられていたり

丘の上に「♡ TOBA」のモニュメントがあったり

と気になることだらけでしたが、「ミキモト真珠島」を鑑賞し終わった後にしますね。

鳥羽駅からすぐ 海女小屋 十八屋のご紹介

公式Facebook:https://www.facebook.com/toba.18ya/

住 所:三重県鳥羽市鳥羽1-2383-42

定 休 日 :水曜日

※GW、年末年始などは公式WEBの「お知らせ」を確認ください。

営業時間:11:00 〜 17:00

電話番号:0599-37-7730

駐 車 場:隣接する佐田浜駐車場を利用(1時間無料、2時間500円)

アクセス:鳥羽駅より徒歩2分

海女小屋 十八屋 関連リンク

ミキモト真珠島|MIKIMOTO PEARL ISLAND
ミキモト真珠島|MIKIMOTO PEARL ISLAND

鳥羽湾に浮かぶミキモト真珠島は御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。真珠博物館、御木本幸吉記念館、パールプラザの他、海女の潜水などがみどころです。

続きを見る

鳥羽マルシェ | 鳥羽志摩の地域が誇る海産物・農作物と健康を皆さんにお届けする産直市場&地産ビュッフェレストラン
鳥羽マルシェ | 鳥羽志摩の地域が誇る海産物・農作物と健康を皆さんにお届けする産直市場&地産ビュッフェレストラン

鳥羽マルシェは、鳥羽志摩の地域が誇る海産物や農作物の産直市場&郷土食を中心とした地物ビュッフェレストランです。地元に伝わる食材、食にまつわる知恵、鳥羽で育まれた健康レシピを存分にお楽しみいただけるマル ...

続きを見る

鳥羽1番街|伊勢・志摩・鳥羽のグルメ、お土産、真珠専門店なら鳥羽1番街
鳥羽1番街|伊勢・志摩・鳥羽のグルメ、お土産、真珠専門店なら鳥羽1番街

車で伊勢神宮内宮より20分、外宮より25分。伊勢志摩、鳥羽の玄関口「鳥羽駅」からすぐ、ショッピングから、真珠専門店、お土産、食事まで楽しめる複合施設です

続きを見る

三重県鳥羽市の関連記事一覧

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

2019/11/30

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。 三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。 タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。 鳥羽なかまちって? 鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。 鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形 ...

ReadMore

三重県観光スポット 関連記事一覧

浜与本店内宮前店 店内の様子

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2020/1/5

おはらい町 浜与本店で牡蠣尽くし!伊勢神宮内宮参拝後に牡蠣好き集合

「あぁ、牡蠣食べたいな。」 年末年始で三重県伊勢市を訪れた牡蠣好き。目的は伊勢神宮参拝とわかっていても、せっかく三重県にきたのだから牡蠣が食べたい。そんな心の声が漏れてしまうのは、牡蠣好きの性(さが)でしょう。   ・・・・牡蠣好きよ   ・・・・牡蠣好きよ、こっちへおいで。   「!??・・えっ」   駐車場に車を駐め、人で溢れかえったおはらい町通り。赤福本店を通り過ぎてすぐのところで、牡蠣好きが目を輝かせるお店がありました。 お店の名前は答志島 浜与本店さん。2 ...

ReadMore

明和観光 穴場紹介 いつきのみや歴史体験館2

三重県観光情報 自然体験スポット 観光スポット

2020/1/5

伊勢観光後はどうする?アクセス抜群な明和町のおすすめスポットをご紹介

伊勢神宮やおはらい町、おかげ横丁で伊勢観光を満喫した後のプランはお決まりですか? 伊勢市の南側には水族館や遊園地、マリンスポーツが楽しめる伊勢志摩があり、とても人気の高い観光スポットです。 では、伊勢志摩の逆方向(伊勢市の北側)はどうでしょう。 場所は伊勢市の隣町 明和町(めいわちょう)。 明和町は実は伊勢市にある伊勢神宮に大変ゆかりがあり、歴史のある場所だということをご存知ですか? さらには、 歴史ある酒蔵 広大な伊勢湾を望める海岸 海沿いにあるキャンプ場 と明和町には知られていない穴場スポットが盛りだ ...

ReadMore

安乗埼 きんこ芋工房 うえだ商店 きんこ芋パフェソフト2

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2020/1/5

絶品 きんこ芋パフェソフトはもう食べた?食後の運動は安乗埼散策へ

伊勢志摩には絶品のきんこ芋スイーツが食べられるお店があって、想像の斜め上な場所にあるらしい。 そんな噂を聞いたことがありますか? この噂・・・本当です。 きんこ芋スイーツの情報を知った時から行きたい行きたいと思っていたお店、きんこ芋工房 上田商店さん。 実際に訪れてみると、癒やされて驚きっぱなしの数時間が待っていました。 伊勢神宮に訪れた後はどこに行こう 伊勢志摩に宿泊するけど、どこか近場の観光スポットがないかな 伊勢志摩でしか限定スイーツって何かないのかな そんなあなたは、志摩市安乗の安乗埼に訪れてみる ...

ReadMore

アマミリビング(AMAMILIVING) 伊勢わらびラテ 伊勢茶

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2020/1/2

タピオカの次にクル!伊勢名物 わらび餅ドリンクはもう飲んだ?

空前のタピオカドリンクブームが到来して、今もなお冷めることのないタピ熱。 伊勢神宮のお膝元 三重県伊勢市でもタピオカドリンクが飲めるカフェは珍しくなく、今や当たり前の飲み物として定着しています。 そんなタピオカの次にくるドリンクは一体何なのかは、メディア各社も常にアンテナを張っていることでしょう。 実は僕は既にタピオカの次にくるドリンクを見つけてしまいました。 しかも、僕が住む三重県伊勢市内にあるお店です。 そのドリンクと提供するお店の名は・・・ AMAMILIVING(アマミリビング)さんが提供する”伊 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

-ショップ・グルメ, 三重県観光情報, 観光スポット
-, , , ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.