三重県お土産・特産情報 伊勢市のお土産 伊勢志摩のお土産

伊勢うどんと専用タレで焼きうどん 簡単手軽で美味さはお墨付き

伊勢焼きうどん完成2

目の前には三重県伊勢市の愛されフード 伊勢うどんと専用のタレがありました。

横綱印 みなみ製麺の伊勢うどん 袋

みなみ製麺の伊勢うどん マルキのタレ

伊勢うどんはふわふわで極太の麺がタレによくからみ、飲み込んだ後も旨味の余韻を楽しめます。

冷蔵庫の中には基本の具材であるネギ。

「あと・・・そういえばちょうど牛肉もあるな。」

いつもは水を張った鍋を火をかけて準備しますが、今回はフライパンに持ちかえることにしましょう。

いつもの伊勢うどんの材料に牛肉が揃えば、簡単アレンジ料理が出来上がります。

タレも香りも麺にからむ、伊勢焼きうどんのご紹介です。

準備するのは、いつもの伊勢うどん材料に牛肉のみ

伊勢焼きうどんを作るために必要な準備は至って簡単です。

準備した食材一覧

  • 横綱印 みなみの伊勢うどん
  • マルキの伊勢うどんタレ
  • 刻みネギ
  • 牛肉の小間切れ
  • 紅生姜
  • 塩コショウ
  • ごま油(植物油やオリーブオイルなどお好みで)
みえ案内人
重要な食材としては、伊勢うどんの麺と伊勢うどんタレ、そして牛肉ですね。

ちなみに1,2,3で慣れ親しんだ伊勢うどんを作ると・・・

三重県伊勢市のお土産 みなみの伊勢うどん みなみ製麺5

こうなります。もちろん、普段から慣れ親しんだ伊勢うどんも美味しいです。

関連記事
三重県伊勢市のお土産 みなみの伊勢うどん みなみ製麺2
三重県伊勢市のお土産 横綱印 みなみの伊勢うどん 生ゆでタイプ みなみ製麺

伊勢神宮参拝やおはらい町・おかげ横丁散策でちょっと小腹がすいたな・・・そんな時に食べて驚いた人も多いかもしれない「うどん」。 そう、真っ黒なタレに極太ふわふわの麺でお馴染み、お伊勢参りの旅人をもてなし ...

続きを見る

準備完了!フライパンを片手にいざ、伊勢焼きうどんの調理開始!

それでは、食材をキッチンに揃えたところで早速、伊勢焼きうどんを作っていきましょう。

ステップ1(調理時間 約2分) フライパンに油をひき、まずは牛肉を軽く炒めます。

ステップ2(調理時間 約10秒) 程よく牛肉に火が通ったら、伊勢うどんの麺を投入!ほぐれるように少量の水を加えると良いです。

ステップ3(調理時間 約2〜3分) 伊勢うどんの麺がほぐれたら、伊勢うどんのタレをかけて炒めていきます。伊勢うどんのタレの分量は20cc〜25cc程度(写真の容器で約3分の1)です。伊勢うどんと牛肉に伊勢うどんのタレを絡めながら炒めていきましょう。

伊勢焼きうどん調理工程 伊勢うどんのタレをかける

伊勢焼きうどん調理工程 伊勢うどんのタレをからめる

ステップ4(調理時間 約30秒) 香ばしい香りが広がり、伊勢うどんのタレが伊勢うどんと牛肉に馴染んだらお皿に盛りましょう。刻みネギと紅生姜を添えて・・・完成です。

伊勢焼きうどん調理工程 お皿に盛る

はい、出来上がりました。

アツアツの伊勢焼きうどんを召し上がれ

伊勢焼きうどん完成1

香ばしくて美味しい湯気が食卓に広がり、今か今かと待っていた胃袋を鼻孔から刺激します。

普段食べている伊勢うどんと麺の近い色合いです。ただ異なるのは、麺にコーティングされた牛肉の旨味油です。牛肉の旨味油と伊勢うどんのタレは黄金ペアで相性は抜群。そして伊勢うどんの麺が絶妙にからみます。伊勢うどんの麺をすする時間、全てにおいて黄金ペアが良い仕事をしますよ。

食べ始めると無言でズルズル・・・刻みネギと紅生姜を間にはさみ、食感や味わいの変化を楽しみながら、あっという間に完食してしまいますよ。

みえ案内人
本当にクセになる美味しさです。食べすぎ注意ですが、3玉くらい軽く食べてしまいそうです。

普段の生活に伊勢焼きうどんも定番メニューに追加決定

伊勢焼きうどん完成2

伊勢焼きうどんは、調理時間が約5〜6分程度なので本当にお手軽に作れます。

何よりも「伊勢うどんの麺」と「伊勢うどんのタレ」と、いつもの組み合わせをそのまま使ってアレンジできるのが良いですよね。

普段から伊勢うどんを食べている人は、「今日は牛肉もあるし伊勢焼きうどんのしよう」というのも一つの選択。まだ作って食べたことのない人は、ぜひ1度試してみてくださいね。

-三重県お土産・特産情報, 伊勢市のお土産, 伊勢志摩のお土産
-, , , ,

© 2020 三重県 お土産観光ナビ