三重県お土産・特産情報 三重県南部(南三重・東紀州)のお土産 尾鷲市のお土産

梶賀のあぶり茶漬けは極上な〆 尾鷲市梶賀町の郷土食は美味だった

お茶漬け吹き出し

尾鷲市梶賀町の郷土食「梶賀のあぶり」を知っていますか?

地魚を煙で炙って作る旨味があふれる郷土食なんです。「梶賀のあぶり」はそのままでも晩酌に最高なつまみになるんですが、前々から食べてみたかったアレンジレシピが・・・

日本の古き良き〆料理「お茶漬け」です。

今回は「鰤(ぶり)のあぶり」で至福のお茶漬けを作ってみましたので紹介していきます。

尾鷲市梶賀町の郷土食 梶賀のあぶりってなに?

梶賀のまち風景

尾鷲市中心街から車で約30分で梶賀町に辿り着きます。静かな漁村に広がる海はとても澄んでいて、訪れた人はゆっくりと時間が流れる感覚を抱きます。日本が車社会となる以前、梶賀町は陸路ではなく船を使って海路で街へと出かけていったそうです。

「梶賀のあぶり」は100年前から続くの伝統の燻製方法で、保存ができる郷土食として現代まで引き継がれてきました。

尾鷲市梶賀町の郷土食 梶賀のあぶり 伝統の燻製方法とは

薪のイメージ

地元の桜や樫の薪を焚いて、魚をじっくり1時間以上かけて煙で燻していきます。おばあちゃんが一つ一つ丁寧に魚をひっくり返して炙っていきます。

水分を抜かれて旨味がぐっと凝縮され、かぐわしい薫香が身に宿っていくんですね。

おばあちゃんの作業場から煙が空にもくもくと立ち上がります。梶賀町では当たり前の光景ですが、何かしみじみとして素敵ですよね。

梶賀のあぶり 鰤(ぶり)をお茶漬けにしていただく

「梶賀のあぶり」はそのままでも十分美味しいんです。日本酒やワインに合わせて、噛み締めて広がる旨味と合わせたら・・・お酒好きはお試しあれです。

梶賀のあぶりパッケージ

「鰤のあぶり」の商品パッケージを紹介しておきます。コンパクトな真空パック包装になっていて、お土産にも最適なんです。

梶賀のあぶり

開封してお皿に盛ってみました。薫香が室内に広がり、食欲をそそります。「鰤のあぶり」は商品ラインナップの中でも脂身の旨味が感じられる逸品で、見ているだけでヨダレが出てきます。

至福の一杯「梶賀の鰤あぶり茶漬け」を作る

今回、用意した食材や調味料は以下です。

三重県産あおさのり

  • 鰤のあぶり
  • だしパック(手間いらず)
  • 魚醤(カタクチイワシ魚醤油)
  • 三重県産あおさのり
  • 三重県産コシヒカリ
  • 料理酒

調理方法は至ってシンプルです。簡単に紹介しておきますね。

下準備

  • お米を炊いておく
  • 乾燥のあおさのりを水に漬けて戻しておく
  • 鰤のあぶりを皿に取り分けておく
伊賀伝統の伊賀焼土鍋 かまどさん 自炊への道は美味しいご飯にあり
伊賀伝統の伊賀焼土鍋 かまどさん 自炊への道は美味しいご飯にあり

あなたは美味しいご飯を食べていますか?乱れがちな食生活改善の糸口は、美味しい炊きたてのご飯を自炊にあります。炊きたてのお米の美味しさを知る、そのためには美味しいお米と炊く容器が必要です。伊賀焼土鍋 ...

続きを見る

調理方法

  1. お湯を煮立たせ、だしパックで鰹出汁をとる
  2. カタクチイワシの魚醤油、料理酒を少々
  3. 水に戻したあおさのりを入れて、一煮立ちして火を止める
  4. 適度に盛ったご飯の上に鰤のあぶりを盛り付ける
  5. あおさのりとダシ汁をお椀にぶっかける

梶賀のあぶり茶漬け

はい、完成しました。

いざ、熱々の梶賀のあぶりお茶漬けを食べてみる

ズズズッ(出汁をすする音)

モグモグ(ご飯とあぶりを食べる音)

みえ案内人
ふぅ・・・

ズズズッ(出汁をすする音)

モグモグ(ご飯とあぶりを食べる音)

みえ案内人
さかなの旨味の大爆発やー!!

キャラが変わってしまいました。

だし汁に加えて鰤のあぶりから滲み出た、特に脂身が濃厚な旨味となって味わいを深くしています。

湯気から広がる燻製×ダシ汁×あおさも香りが「早く食べなよ」と鼻腔をくすぐります。終始夢中になった至福の一杯となりました。ごちそうさまです。

梶賀の鰤あぶり茶漬けを食べ終えて、「〆」の美学を再認識

〆のラーメンや〆パフェ、〆のおにぎり、そして〆のお茶漬け。「〆(しめ)」が頭につく料理には、潔さを感じます。

美味い飯で食を終える。〆の料理の真髄なり!

梶賀のあぶり茶漬けに教わった〆の料理の可能性。まずは「鰤のあぶり」以外でも美味しいお茶漬けを作ってみようと思います。梶賀のあぶり茶漬けはとっても簡単で作りやすいので、あなたも是非挑戦してみてくださいね。

梶賀のあぶり販売先「梶賀コーポレーション」のご紹介

事業者名梶賀コーポレーション
事業者住所三重県尾鷲市梶賀町312-2
電話0597-27-3355
公式WEB梶賀コーポレーション公式WEB
公式SNS 最新情報はこちらから梶賀 網元ノ家(梶賀のあぶり)公式Facebook
備考

 

三重県の美味しいおつまみ 関連記事一覧

samenotarekunnsei_1

2020/8/7

三重県鳥羽市のお土産 さめのタレ燻製は噛めば噛むほど味わい深い逸品です。

あなたが普段の生活をしている地域には、「特別な食べ物」はありますか? その地域に根付いているからこそ食べてみたい、そう思うのは旅の楽しみのひとつですよね。 全国的にも有名で多くの方が観光に訪れる場所 伊勢神宮のある地域、伊勢志摩。伊勢志摩国立公園にも指定されている大自然豊かな地域では、全国的にも珍しい食べ物が多くあります。 伊勢志摩に訪れたことのある方は、「サメのたれ」という食べ物を既にご存知かもしれません。名前の通り、海の生き物「鮫」を食材とした伊勢志摩の郷土食です。 今回ご紹介するのは、そんな「サメの ...

ReadMore

oilstars_1

2020/7/21

安楽島牡蠣のゴマ油漬け 安楽島オイルスター☆の濃厚なひとくちにうっとり

三重県鳥羽市の美味しい食材の代表格といえば、海で育まれたプリプリの牡蠣!毎年11月頃から3月末頃まで特に賑わう牡蠣小屋は、冬の風物詩です。 あぁ早く冬にならないかな・・・寒いのは苦手でも「牡蠣が好き」が勝ってしまう僕のような人は、そんな妄想を繰り広げてしまうはず。 「・・・もう我慢できない、牡蠣が食べたい!」 もし、あなたが砂漠で放浪し水を求めるように牡蠣を求めてしまっていたなら・・・オススメの牡蠣の商品があります! 今回、ご紹介するのは濃厚な味わいにもう一粒、もう一粒と止まらなくなる「安楽島 オイルス ...

ReadMore

鳥羽市安楽島とせや 塩海苔

2020/4/16

安楽島塩海苔80枚のパリパリがやめられない。ごま油と藻塩と海苔が出会ってしまった。

自然豊かな伊勢志摩といえば、やっぱり新鮮な海産物がまず思い浮かびますよね。 花形を飾るのは、船に盛り付けられた豪華な伊勢海老やお魚のお造り・・・目を輝かせながら味わいにうっとりしてしまいます。 そんな伊勢海老やお魚も最高に美味しいですが、伊勢志摩で忘れちゃいけないのは豊富な海藻たち。 栄養豊富な伊勢湾の海では僕たちにとって身近な海藻がたくさん採れたり、養殖で育まれたりしています。 今回、ご紹介するお土産はThe 海藻の定番 海苔をごま油や藻塩を使ってそのままでもパリパリをやめられない商品「安楽島 塩海苔」 ...

ReadMore

3e BASE DESIGN inc.代表 竹内伸樹さん

2020/4/21

三重問屋 3e BASE DESIGN代表 竹内伸樹さん|未来の令和 みえ紬人vol.1

三重県案内人のみえセンサーがビビッと反応した「気になるアノ人」にお話を伺い、三重県の未来を思い描いていこうという連載企画「未来の令和 みえ紬人つむぎびと」。 第1弾の取材に快く応じていただけたのは、三重問屋 3e BASE DESIGN(スリーベースデザイン)を経営する竹内伸樹さん(以下、竹内さん)です。 竹内さんのご自身のことや現在取り組まれている事業、そしてこれからの展望をお話いただきました。 Contents1 三重問屋 3e BASE DESIGNの竹内さんってどんな人?1.1 漁師町の酒屋を継ぐ ...

ReadMore

三重県尾鷲市のお土産 かじかの炙り 小鯖中身2

2020/6/27

三重県尾鷲市のお土産にいかが?漁村の珍味 梶賀のあぶり 小鯖の炙り

三重県に限らず日本各地には先人の知恵によって作られてきた郷土の味、郷土食が点在しています。 三重県は北から南までの細長い地形が特徴で、東側はすべて海。海に面した東側の地域には、昔は陸の孤島と呼ばれていた漁村も伊勢志摩から南三重にかけてあります。道路が整備されるまではアクセスが困難であった場所では、必ずといっていいほど冬を越すための保存食があり、それが現代に生きる私たちにとっての御馳走なんです。 今回ご紹介する梶賀のあぶりは、まさに先人の知恵が詰まった郷土食の代表格。様々な種類の梶賀のあぶりの中でも、特に人 ...

ReadMore

関連記事
三重県尾鷲市のお土産 かじかの炙り 小鯖中身2
三重県尾鷲市のお土産にいかが?漁村の珍味 梶賀のあぶり 小鯖の炙り

三重県に限らず日本各地には先人の知恵によって作られてきた郷土の味、郷土食が点在しています。 三重県は北から南までの細長い地形が特徴で、東側はすべて海。海に面した東側の地域には、昔は陸の孤島と呼ばれてい ...

続きを見る

関連記事
梶賀のあぶり 鰤のあぶり 2
三重県尾鷲市のお土産 梶賀の炙り 鰤のあぶり 梶賀コーポレーション

三重県尾鷲市の小さな漁村で、冬を越すための保存食として作られ続けてきた郷土食は、実は宝物でした。 日本の各地に訪れる機会があると、その地域でしか食べられていない郷土料理や食材をせっかくなので堪能したい ...

続きを見る

ご紹介の記事に関する注意事項とお願い

当ページでの内容は記事執筆時点での情報です。最新情報は公式WEBやSNS等のリンクなどをご参照ください。

また、当ページは個人で運営しています。掲載内容に関してご意見・ご感想などございましたら以下、お問い合わせフォームまたはSNSメッセージよりお気軽にお寄せください。

お問い合わせフォームはこちらから

三重県お土産観光ナビ 公式facebook

-三重県お土産・特産情報, 三重県南部(南三重・東紀州)のお土産, 尾鷲市のお土産
-, , , , ,

© 2020 三重県 お土産観光ナビ