オトナミエ 三重県暮らしの情報

WEBマガジン OTONAMIE掲載 浦村牡蠣の種差しの記事を書きました

牡蠣の種差し 牡蠣の種表

三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、鳥羽市浦村町の山善水産さんでの牡蠣養殖現場での経験を元に記事を書きました。

タイトルは「浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事です。

浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事 |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)
浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事 |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)

毎年10月に入ると鳥羽市浦村の海では、何かと慌ただしく小型船が行ったり来たりする光景が日常茶飯事です。 牡蠣好きの方はピンときましたか?そう、牡蠣のシーズンの到来で養殖業者さん達は大忙し。三重県の中で ...

続きを見る

牡蠣の種差しと聞いてどんなお仕事だと思いますか?

牡蠣の種差し 浦村の海

三重県でも鳥羽市浦村町は、全国7番目の牡蠣養殖の産地です。栄養豊富な山々の恵みが川を流れ、海の恵みが海流にのってぶつかる場所、それが鳥羽市浦村町をはじめ、養殖業が盛んな産地の特徴なんです。

毎年、初物の真牡蠣の解禁は10月初旬頃です。美味しい牡蠣を待ってました!という方の期待に応えて鼻息を荒くするのが、牡蠣養殖現場の漁師たち。船で牡蠣小屋と牡蠣筏を行ったりきたりする大変慌ただしい様子が伺えます。

実は慌ただしいのには、初物の牡蠣を水揚げする以外にも理由があり・・・・それが牡蠣の種差し作業なんです。

牡蠣の種差しってどんなお仕事だと思いますか?

興味関心のある方は、ぜひOTONAMIEマガジンで僕の記事を読んでみてくださいね。

OTONAMIEマガジン記事 浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事 

読み終えた後に食べる牡蠣小屋の牡蠣は、また格別のはずです。

-オトナミエ, 三重県暮らしの情報
-, , , ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.