三重県の観光情報 伊勢志摩の観光 地元に泊まろう(ジモ泊) 特別企画 鳥羽市の観光

鳥羽シーサイドホテルでジモ泊!部屋から離島や船を眺める憩いのひと時

地元に宿泊してみよう!略して「ジモ泊」。北は長島スパーラランドになばなの里にはじまり、伊勢志摩に熊野古道と観光スポットが多い我が三重県。そんな三重県に遊びにくる友人に「宿泊先のオススメを教えて」と聞かれた時、あなたはどこをオススメしますか?実は、地元民の多くはオススメの観光スポットは熱く語れても、オススメのホテルや旅館を熱く語れる人は多くありません。

みえ案内人
あそこのホテル、良いらしいよ。と答えるのが精一杯..

そこで、チャンスがあったら地元に泊まって見識を広げようと始めてみたのが「ジモ泊」です。

今回は、自宅から車で約25分。湯巡り百景 鳥羽シーサイドホテルさんに初めて宿泊してきました。鳥羽シーサイドホテルさんでの1泊2日間は、終始、癒やされっぱなしに。そして、改めて鳥羽って素敵なところなんだぁっと実感できました。では、ご紹介にまいりましょう。

関連記事
鳥羽小浜荘 入り口看板
鳥羽小浜荘でジモ泊!三重県民にもおすすめ 伊勢志摩を満喫してみませんか?

「今後の伊勢志摩旅行はどこに泊まろうかな。ちょっと聞いてみよっと。」 みえ案内人 あそこの旅館さんやホテルさん、良いってよく聞くよ。   この会話・・・おそらく、全国の観光地に住む地元民ある ...

続きを見る

とばる特集 ワーケーション記事もご参考にどうぞ。

鳥羽マルシェ付近から鳥羽シーサイドホテルさんを眺めた写真

海に離島。お部屋から望むロケーションが最高です。

いざ、鳥羽シーサイドホテルさんへ!

鳥羽シーサイドホテルさんの場所は、三重県の有名観光スポット 鳥羽水族館から車で約7分の距離にありますよ。ホテルが見えてきた際に感じたのは、

一瞬でリゾート地にきてしまった...という驚き。

みえ案内人
たたずまいがもう、でん!と圧倒的存在感を放っています。

早速、フロントでチェックインしてお部屋へ。今回利用するのは汀館10階になります。お部屋の鍵を解錠して中に入ると...

...アン

...ドゥ

...トロワ!!

部屋の扉を開けると、そこには鳥羽だからこそ満喫できる最高のロケーションが広がっていました。

鳥羽シーサイドホテルのお部屋で離島巡り。

鳥羽の景色をさらに楽しめるアイテム発見!

お部屋に入ってすぐに窓の近くに駆け寄ります。お部屋に設置された「シーサイド海百景」を片手にはじまったのが、離島巡りです。

まずは左側

左からミキモト真珠島(相島)、鳥羽マリンターミナル奥に三ッ島、さらに奥にイルカ島(日向島)、浮島の順番に離島が望めます。

みえ案内人
ミキモト真珠島は相島、イルカ島は日向島っていうんですね。勉強になります。

続いて、真ん中

左奥から浮島、答志島で正面に大きく見えているのが坂手島です。

最後に右側

左から坂手島で、お隣が菅島、奥に見えているのが神島です。改めて鳥羽にはたくさんの離れ島があるんだなぁと、静寂な時間の中でまじまじと景色を眺めてしまいます。

みえ案内人
颯爽と海を駆けていく船も、ついつい目で追かけてしまいます。

シーサイド海百景の裏面

全ての島が一望できる景色はとても贅沢に感じます。

これまで何度か訪れた離島の記憶が蘇ってきて、また行きたいなとウズウズ。しばらく、椅子に腰掛けて、ボーっと鳥羽の景色をただ眺めるという特別な時間を楽しませていただきました。

絶対綺麗だと確信してます!打ち上げ花火の日と時間を事前にチェック。

こちら夜の景色。

実際に鳥羽シーサイドホテルさんのお部屋に宿泊してみて、確信しているおすすめなポイントがあります。

それは鳥羽でよく打ち上がっている花火の日に鳥羽シーサイドホテルさんに宿泊できたならば、絶対に最高だろうなということです。

みえ案内人
打ち上げ花火 現地で見るか、部屋から見るか…

特に夏場など、鳥羽シーサイドホテルさんに宿泊を予定されている方は、事前に「鳥羽 打ち上げ花火」で検索してみることをオススメします。

参考:伊勢志摩観光ナビ 夏の鳥羽湾毎夜連続花火 

どの湯に浸かろうか迷う。鳥羽シーサイドホテルの湯巡りへ。

※.利用時は新型コロナ対策のため、サウナは休止中。

みえ案内人
今回、素泊まりで利用したので宿泊したので夕食の紹介は割愛しますmm

鳥羽シーサイドホテルさんのお食事は公式サイト 鳥羽シーサイドホテルお料理 をチェックしてみてください。

旅の癒やしの醍醐味といえば、やっぱり温泉でしょう。旅の疲れを温かな湯で癒やされたい、それは日本人のDNAに刻まれた避けることできない性。

鳥羽シーサイドホテルさんでは、楽しまる温泉は3箇所あります。

  • 露天風呂から鳥羽湾を一望できる「風見の湯」
  • 海に一番近い露天風呂「岬の湯」
  • ジャグジーとサウナでスパ気分な「汀の湯」
みえ案内人
今回、僕は汀の湯に入ってきました。

浴場は撮影できないので、汀の湯の入り口写真だけご紹介。

僕は汀の湯を22時前に利用しましたが、3箇所全ての湯を巡るのは鳥羽シーサイドホテルさんでの最高の過ごし方の一つでしょう。日がまだ明るいうちに利用すれば、湯船に浸かりながら広大な青い海に空、気持ちの良い鳥羽ならではのロケーションを満喫できること間違いなしです。

そう考えると、チェックインは16時くらいに済ませるのが良いかも。

また、夜は夜で少し離れた町の光を眺めながら、広々とした湯船でゆっくりリラックスできますよ。

ちなみに、それぞれ利用できる時間は、

  • 風見の湯:14:00~24:00/5:30~10:00
  • 岬の湯:14:00~24:00/5:30~9:00
  • 汀の湯:12:00~25:00/5:30~10:00

となってます。

飲み会などで夜遅くなってしまった…という時も安心です。

それぞれの温泉内の様子は

鳥羽シーサイドホテルの温泉紹介ページを覗いてみてください。

みえ案内人
ちなみに、貸し切り風呂もありますよ。

オリジナルスイーツとドリンクで、優雅な朝食をいただく。

鳥羽シーサイドホテルさんには...気になるスイーツ&ドリンクがある!

朝目覚めてカーテンを開けたら、そこには昨日と変わっていない鳥羽の絶景がありました。清々しい朝を満喫しながら、身支度を整えてチェックアウト。限られた時間の中で、日々の疲れたスッととれていった癒やしのひと時を過ごせました。じゃあ、帰ろうか...とその前に立ち寄りたいオススメスポットがホテル内にあります。

そこはフロントすぐ近くにある、ラウンジ「カーボ」です。こちらでは、お部屋同様に鳥羽の絶景を眺めながらオリジナルのスイーツやドリンクが楽しめます。

トマトのスイーツとイチゴのドリンクをチョイス。

実は前々から鳥羽シーサイドホテルさんのオリジナルメニューが気になっていました。スイーツもドリンクも色々種類がある中で、今回選んだのはこちら!

伊勢志摩ロールケーキ「海女とまちゃんのロールケーキ」

ボトルドリンク「Marbotella ストロベリーチーズミルク」

海女とまちゃんは、鳥羽の羽柴商店さんが育てられている糖度が高いミニトマト。とても甘くてフルーツ感覚で食べてしまうトマトです。そんな海女とまちゃんをピューレにしてクリームと合わせたロールケーキは、さっぱりとしていて、でもミニトマト!な味わいという初体験なスイーツでした。

みえ案内人
さっぱりしながら甘い、でもトマト...そして美味しい。いつの間にかなくなっている...

【参考】伊勢志摩ロールケーキ ラインナップ

  • 『伊勢』伊勢茶のロールケーキ
  • 『二見』二見塩とマイヤーレモンのロールケーキ
  • 『鳥羽』海女とまちゃんのロールケーキ

伊勢志摩ロールケーキは鳥羽シーサイドホテル公式オンラインショップでお取り寄せ可能です。

続いて、ボトルドリンクは「Marbotella」という鳥羽シーサイドホテルさんのオリジナルブランドで、全4種類のラインナップがあります。

悩み抜いた末に選んだのは、ストロベリーチーズミルク。

みえ案内人
僕はストロベリーもチーズもミルクも全部好きです。選ぶしかない。

牛乳は地元の定番「大内山」で、さっぱりしたイチゴと濃厚なチーズをストローで混ぜ合わせていただきます。鳥羽の絶景を眺めながら何度でも味わいたくなるボトルドリンク「Marbotella」。鳥羽シーサイドホテルさんに訪れた際は、ゴクリと飲むことをオススメします。

ボトルドリンク「Marbotella」ラインナップ

  • トロピカルソーダ
  • 伊勢茶の甘酒和わり(甘酒割り)
  • ストロベリーチーズミルク
  • モノプレッソ




地元民にとって鳥羽シーサイドホテルはどんな場所だったか

絶景に温泉、美味しい食と旅の三拍子が揃ったホテルでした!

みえ案内人
次回、宿泊する際は夕食付きで、昼間から温泉に入るという贅沢を味わってみたいです。

最後に絶景以外にも印象に残った光景を一つご紹介しておきます。それは車に乗り込みホテルを後にする際の出来事です。ホテルの出入り口付近を車で横切る際、窓ガラス越しに見えたのはスタッフさんが優しく手を振る姿でした。軽く会釈を返してゆっくりと車を走らせながら、心はほっこりと和んでいました。

鳥羽に観光で訪れた方はもちろんのこと、三重県に住む地元民もぜひ、鳥羽シーサイドホテルさんに泊まってみてください。オススメです。

鳥羽シーサイドホテル 施設紹介

みえ案内人
電車でお越しの方も安心。近鉄鳥羽駅から無料バスが出ています。
施設名湯めぐり海百景 鳥羽シーサイドホテル
住所〒517-0021 三重県鳥羽市安楽島町1084
電話番号0599-25-8181
公式WEB湯めぐり海百景 鳥羽シーサイドホテル湯めぐり海百景 鳥羽シーサイドホテル
駐車場あり 大型バス30台・乗用車200台
アクセス方法伊勢神宮内宮から車で約30分

近鉄鳥羽駅から車で約10分
備考近鉄鳥羽駅から無料送迎バスあり。約30分間隔で運行されています。

気になるスポットを事前にチェック!あなた好みの鳥羽の旅をお楽しみください。

2024/6/11

鳥羽水族館の年間パスポートは何回で元がとれるのか?検証してみた。

全国でも珍しい海洋生物が飼育されている人気スポット 鳥羽水族館。伊勢志摩観光の際には、伊勢神宮参拝と合わせて鳥羽水族館に訪れる方が多いのではないでしょうか? 鳥羽水族館の生き物たちの愛らしい姿に「これから何回もリピートしたい!」と思い焦がれた方も多いことでしょう。そんな方には鳥羽水族館年間パスポートの購入をオススメします。 本記事では鳥羽水族館年間パスポートを購入することで、どんなメリットがあるのかを検証して紹介します。鳥羽水族館の年間パスポートに興味関心のある方は、ぜひ参考にしてください。 料金の参照先 ...

ReadMore

2023/8/21

鳥羽 樋ノ山のふもとのコーヒースタンド併設の菓子製造ラボ「ヒノヤマラボ」

伊勢志摩・鳥羽には海もあれば、山もある。 市内全域が伊勢志摩国立公園に指定されている三重県鳥羽市。車であれ、電車やバスであれ、鳥羽市を訪れると広大な海の景色がお出迎えしてくれます。 そんな鳥羽といえば「海」というイメージが変わってしまう、素敵なカフェが2023年8月17日に新しく誕生しました。カフェの名は「ヒノヤマラボ」。樋ノ山のふもと、旅館 扇芳閣さんの隣にオープンしたMUSEA(ミュゼア)さんの新店舗です。コーヒースタンド併設の菓子製造ラボで、美味しいコーヒーやスイーツを楽しめます。 本記事では、コー ...

ReadMore

2024/6/5

船から眺める 空と海を彩る圧巻の花火「第68回 鳥羽みなとまつり」の様子をご紹介

2023年7月28日(金) 、三重県鳥羽市で第68回「鳥羽みなとまつり」が開催されました。今回、筆者が日頃から交流のある「鳥羽なかまち会」メンバーのご厚意で特別な船に乗せていただけました。当日の様子を映像にまとめてみましたのでご紹介します。 「第68回 鳥羽みなとまつり」 船からの様子 船には金比羅宮の神体と宮司さんたちが乗船され、花火の前に湾を3周して海を浄め、人々の安全を祈願する神事「海上渡御」が行われました。そして、船上で20時を迎えると...ドン!と大きな音から、夜空を彩る花火が次々と打ち上がりま ...

ReadMore

2024/6/1

鳥羽の離島 菅島のしろんご祭と150周年を迎えた菅島灯台の様子をご紹介

2023年7月8日(土)、三重県鳥羽市の離島 菅島で行われる年に一度のお祭り「しろんご祭り」を見学してきました。当日のしろんご祭りや150周年を迎える菅島灯台の様子を映像にまとめてみましたのでご紹介します。 大きなアワビの姿も「しろんご祭と菅島灯台の様子」 早朝7時30分頃に、鳥羽マリンターミナルで「鳥羽市営定期船(とばしえいていきせん)の特別乗船券」を手に入れて、お祭りの会場となる「しろんご浜」へ向かいました。お祭りでは、あわびを招くとされる、赤と黒のあわび「まねきあわび」を求めて13名の海女さんたちが ...

ReadMore

2023/3/13

伊勢志摩のウツボがご当地バーガーに。鳥羽駅直結 かもめテラスで高校生発案の「TSGバーガー」を、美味しくいただく。

伊勢志摩の海が育む豊かな恵み。伊勢海老やあわびなど、伊勢志摩を代表する食材をはじめ新鮮な魚介類で溢れています。 しかし近年、地球温暖化に気候変動、黒潮大蛇行などの海の変化が起こっています。例えば、伊勢志摩の海で海藻が少なくなっていたり、アワビが獲れなくなっていたり。逆にとある魚が多くなって、海の生態系に影響を及ぼしているなんてことも。 そんな海の課題に三重県立宇治山田商業高等学校(以下、山商)の高校生が地域と連携して、ご当地バーガー「TSGバーガー/Toba Shima Gang burger 」を開発し ...

ReadMore

旅の思い出のおすそわけに鳥羽のお土産はいかがですか?

2023/2/23

答志島産の海苔を使用!鳥羽のお土産にオリーブオイルノリはいかがですか?

三重県は全国トップ10に入る、美味しい海苔の産地です。 栄養豊富な伊勢湾の海で、北の桑名市から鈴鹿市、松阪市、明和町、伊勢市、そして鳥羽市にかけて海苔が育まれています。 今回は鳥羽市の離島 答志島で育てられた黒海苔を使用したオリーブオイル海苔のご紹介です。本記事では「答志島産OLIVE海苔」の商品情報や、実際に食べてみた味わいの感想、販売しているお店をまとめていますので、ぜひ最後まで記事をご覧ください。 こんな人におすすめ 海苔が好き。小腹が空いたらついつい海苔を食べてしまう方 オリーブオイル×海苔という ...

ReadMore

2023/2/23

答志島産のシラスがたっぷり!しらすジェノベーゼでお手軽クッキングしませんか?

伊勢志摩は美味しい食材の宝庫。三重県を代表する観光地 鳥羽市では、美味しい海の幸で溢れています。 そして鳥羽市の離島 答志島の特産といえば、トロさわらにワカメ、そして忘れてはいけないのがシラス!です。 今回はぜひ自宅に常備して欲しい、答志島のシラスをたっぷり使ったお土産「しらすジェノベーゼ」をご紹介します。本記事では「しらすジェノベーゼ」の商品情報や料理例、商品内容や販売しているお店をご紹介していますので、ぜひ最後まで記事をチェックしてください。 こんな人におすすめ パスタ料理が好きな方 ワタシはごはんよ ...

ReadMore

2023/2/23

鳥羽市のお土産 カタクチイワシの魚醤油を料理にプラス。旨味が格段にアップ!

あなたは普段から魚醤油を使われていますか? はい、使ってます!と答えられる方は案外少ないのではないでしょうか。親しみのある醤油やお味噌、ソースなどの調味料に比べて魚醤油はちょっと馴染みがないかもしれません。 魚醤油とはその名の通り、魚を原料として作り上げた旨味調味料。魚介類が豊富な地域と発酵を熟知した職人の技術があってこそ作られる魔法の調味料なんです。 新鮮な魚介類が豊富な伊勢志摩に、魚醤油を作れる職人さんなんて都合良くいないよな...と諦めるのはちょっと待った! 本記事では三重県を代表する観光地 鳥羽市 ...

ReadMore

2023/2/24

鳥羽市のお土産に 伊勢海老問屋の伊勢開運海老せんべいはいかが?

伊勢志摩・鳥羽で絶対にはずせないグルメといえば、美味しい海鮮料理! そして、伊勢志摩を代表する海鮮の王様といえば...そう伊勢海老ですよね。伊勢志摩旅行では、絶対に伊勢海老を存分に味わい尽くしてやる!と計画を立てている方必見。せっかくなら、グルメ旅と合わせて伊勢海老にこだわったお土産もGETしましょう。 今回ご紹介するのは、伊勢湾で水揚げされた伊勢海老を使った「伊勢開運海老せんべい」です。殻だけでなく身も丸ごと入ったこだわりのお煎餅ですので、伊勢海老好きな方にはもってこいのお土産。ぜひ、商品や販売している ...

ReadMore

2023/2/24

秋・冬限定の鳥羽名物 トロさわらの炙り棒寿司が絶品!というお話

三重県鳥羽市は美味しいお魚で溢れている。 伊勢海老に鮑、みんな大好きなマグロ!ももちろんオススメですけど、鳥羽にきたなら絶対に食べてもらいたい魚があります! それが答志島 トロさわらです。 みえ案内人 ん、サワラ?と思ったあなた。侮るなかれ。トロがついてますよ。 栄養満点な伊勢湾の海で育ったサワラは、まさに極上!特に毎年10月頃に脂がノリノリになったサワラ、そうトロさわらは極々極上!なんです。 答志島 トロさわらがなんぞやと、とやかくいうのはやめにしましょう。まずは、答志島 トロさわら炙り棒寿司の実食の様 ...

ReadMore

地元に泊まろう「ジモ泊」シリーズの記事はこちらから

2023/2/24

南伊勢の旅館 とよや勘兵衛でジモ泊!部屋から五ヶ所湾を眺め、新鮮な魚介料理を贅沢にいただく。

今回は自宅から車で約40分、郷土料理をアレンジした料理宿 とよや勘兵衛さんに初めて宿泊してきました。実は以前から、三重県が誇る絶品珍味「熟成 ソマカツオの塩切り」の製造元としても知られるとよや勘兵衛さん。 とよや勘兵衛さんでは、慌ただし日々を忘れさせてくれる南伊勢町ならではの最高の時間を過ごせます。絶品の海鮮グルメも必見!ぜひ地元民としてもオススメしたいお宿です。 では、実際に宿泊した様子をご紹介していきましょう。 お部屋から五ヶ所湾・夫婦岩を望みながら。 とよや勘兵衛さんの場所は、伊勢神宮内宮から南に約 ...

ReadMore

2023/2/24

鳥羽シーサイドホテルでジモ泊!部屋から離島や船を眺める憩いのひと時

地元に宿泊してみよう!略して「ジモ泊」。北は長島スパーラランドになばなの里にはじまり、伊勢志摩に熊野古道と観光スポットが多い我が三重県。そんな三重県に遊びにくる友人に「宿泊先のオススメを教えて」と聞かれた時、あなたはどこをオススメしますか?実は、地元民の多くはオススメの観光スポットは熱く語れても、オススメのホテルや旅館を熱く語れる人は多くありません。 みえ案内人 あそこのホテル、良いらしいよ。と答えるのが精一杯.. そこで、チャンスがあったら地元に泊まって見識を広げようと始めてみたのが「ジモ泊」です。 今 ...

ReadMore

鳥羽小浜荘 入り口看板

2023/2/24

鳥羽小浜荘でジモ泊!三重県民にもおすすめ 伊勢志摩を満喫してみませんか?

「今後の伊勢志摩旅行はどこに泊まろうかな。ちょっと聞いてみよっと。」 みえ案内人 あそこの旅館さんやホテルさん、良いってよく聞くよ。   この会話・・・おそらく、全国の観光地に住む地元民あるあるだと僕は思ってます。そう、地元民は旅館やホテルのことを実はあまりよく知りません。だって、そこに自宅があるのだから・・・ でも、地元民は地元の旅館やホテルに興味がないのかといえば・・・それはNo! 自分たちの暮らす町の旅館やホテルをもっと知りたい。そして、自信を持って「実際に泊まってみたんやけど、○○○はめ ...

ReadMore



目的のお土産を絞り込み検索

目的のお土産を絞り込み検索

✔を入れて検索ボタンを押してください。

※.and検索ですので、絞り込みはカテゴリーとタグで1✔ずつを推奨します。

-三重県の観光情報, 伊勢志摩の観光, 地元に泊まろう(ジモ泊), 特別企画, 鳥羽市の観光
-, , , ,