志摩市のお土産

三重県志摩市のお土産にいかが?志摩×鈴鹿コラボ品 波切節のかつおあられ パッケージ

2020/7/1

三重県志摩市のお土産にいかが?志摩×鈴鹿コラボ品 波切節のかつおあられ

伊勢志摩の大海原が広がる志摩市の鰹節 F1で有名な鈴鹿サーキットがある鈴鹿市のこだわりのあられ この2つがコラボした商品「波切節のかつおあられ」をご存知ですか? 企画販売者の三重県問屋 3e BASE DESIGNさんが企画開発されたあられで、その味わいはとっても特別。 サクッと優しい触感から、ひとかみ・ふたかみ・・ふわっとかつお節の風味が口溶けで広がります。塩分も控えめで、かつおぶしとアラレの相性の良さが抜群です。そのままでも、ぬる燗にも、クルトンのようにサラダなど、食べ方が広がる万能あられです。 波切 ...

三重県志摩市のお土産 安乗さばオイル漬け サバチョビ 心勢水産

2020/2/25

三重県志摩市のお土産 安乗さばオイル漬け サバチョビ 心勢水産

伊勢志摩と聞いて、あなたはどんな風景が思い浮かびますか? おそらく、サーフィンや海水浴、マリンスポーツなど伊勢志摩の海を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 また伊勢志摩の海といえば、やはりはずせないのが新鮮な魚介類。 今回ご紹介するのは三重県志摩市安乗の郷土食で、新鮮な鯖を使ったご当地土産です。 その名もサバチョビ。 名前を聞いただけで、ピンとくる人もいるかもしれませんね。料理にも使える万能な品で、特にお料理好きの人はGETして使ってみてほしいご当地土産です。 こんな人におすすめ お料理が好き、パ ...

三重県志摩市の特産 かつおの天白 まるてん 食べるかつおぶし2

2020/4/21

三重県志摩市お土産 たべるかつお節薄味付 かつおの天ぱく

お魚の「鰹(かつお)」といえば、日本の食卓には欠かせない食材の一つですよね。 鰹の一大産地としては鹿児島県の枕崎や山川・静岡県の焼津などが有名ですが、三重県でも伊勢志摩や熊野灘に面する南三重で馴染み深い魚です。 伊勢志摩地域の中でもリアス式海岸や波切灯台で有名な波切地区では、古くから「かつお節」製造の産地として歴史を刻んできました。その背景には、神に供える御食(みけ)として伊勢神宮と深い関わりがあります。 今回ご紹介する三重県お土産は、伊勢志摩波切でかつお節を製造し、現代に伝統を伝えるかつおの天ぱくの「た ...

大松屋 志摩さばの冷燻5

2020/2/25

三重県志摩市のお土産 生食感燻製 極上 志摩さばの冷燻 大松屋

脂ののった魚って何であんなに美味しいんでしょう。 ジワッとにじみ出る脂の旨味・・・・思い出すだけで、たまりませんよね。 今回ご紹介する商品は、脂ののった魚の代表格「鯖(さば)」の冷燻製です。 冷燻製ってご存知ですか? 魚の生食感を残しながら、旨味をぎゅっと閉じ込める製法なんですよ。 三重県志摩市周辺で獲れる脂ののった新鮮な鯖(さば)と冷燻製の惚れ込んだ職人が出会ってしまったら・・・・ 「極上 志摩さばの冷燻」が誕生するのは必然ですね。 こんな人におすすめ さば好きで燻製の香り・旨味が好きな人 お酒が好き・ ...

かつおの天白 まるてん 粉鰹 だし押味5

2020/4/21

三重県志摩市のお土産 だし押味(かつおかれぶし削りぶし粉末) かつおの天ぱく

料理を作る際にちょい足しで活躍している調味料や香辛料はありますか? 「あっこれもいれたら絶対に美味しくなる。」 そんな気軽にパパっと使える万能アイテムが、三重県志摩市で作られています。 粉末状でサラサラ ふわっと心地よいかつおぶしの香り チャックも付いているので使いやすい 一振りで旨味アップ、かつおの天ぱくさんの「だし押味 (かつおかれぶし削りふし粉末)」のご紹介です。 こんな人におすすめ 伊勢志摩のこだわりの逸品を探している人 料理が好きで、出汁や旨味に興味関心が高い人 日常の食事を簡単・便利にもっと楽 ...

あのりさばの塩辛

2020/2/25

三重県志摩市のお土産 伝統の郷土食 あのりさばの塩辛 心勢水産

三重県のみでなく、日本中の一部の地域には美味しい郷土食が眠っています。 三重県各地を散策し続ける中で、まだまだ新発見が尽きません。 なぜなら、地域の郷土食というのは、 そもそも商品化されていなかったり 商品化されていても特定の季節に限定数しか出回らなかったり 原材料が不漁で手に入らず生産されなかったり と希少性が高いものが多くあるから。 そう考えると商品化されている郷土食というのは、メーカーさんの努力の賜物なんですね。 今回ご紹介する心勢水産さんが製造する「あのりさばの塩辛」も安乗地域に伝わる地域の郷土食 ...

乾燥あおさのり2

2020/6/28

三重県名物 伊勢志摩お土産の定番 あおさのり 冬の風物詩 緑の絨毯は必見

ようこそ、伊勢志摩へ。 三重県に観光にきてくれた家族が伊勢志摩の海岸沿いをドライブしています。窓をのぞく女の子が海に浮かぶ光景に「?」を浮かべました。 女の子「ねぇパパ、ママ見て。海がみどりいろー」 ママ「ほんとねぇ。緑色の絨毯みたい。何かの海藻なのかしら。」 パパ「緑の絨毯の正体はね・・・あおさという海藻だよ。三重県では養殖が盛んだそうだ。」 女の子「へぇーそうなんだ。パパものしりー。」 (ハンドルを握り運転に集中するパパはドヤ顔をきめた 。)   三重県では年明けから徐々に「あおさのり(別名 ...

© 2020 三重県 お土産観光ナビ