三重県お土産・特産情報 水産加工品

三重県鳥羽市のお土産 カタクチイワシのアンチョビー 海童工房 魚寅

海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー2

口の中でほぐれるとトロリと濃厚な味わいが特徴の発酵食品「アンチョビ」。

ピザやパスタなど、特にイタリアンで活躍している印象がありますね。

アンチョビの原材料で使われている魚であるカタクチイワシは、実は三重県が全国でも3本の指に入る漁獲量を誇っています。

今回ご紹介するのは、三重県で獲れた新鮮なカタクチイワシで作られたアンチョビなんです。

海外産のアンチョビとは一味もふた味も違う、三重県鳥羽市の発酵・燻製専門店 魚寅さんの逸品お土産のご紹介です。

こんな人におすすめ

  • お酒に合う珍味を探す、発酵の探求者
  • 職人のこだわり、国産のご当地の逸品をお探しの人
  • お料理が大好き、パスタやバケットでアンチョビを食べたい人

海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー 商品情報

国産(撮影時は南伊勢町産)のカタクチ鰯を塩と麦麹でじっくりと発酵させ、ひまわり油で漬け込んで出来上がったのが「カタクチイワシのアンチョビー」です。

発酵の美味しさを探求し続ける職人だからこそ、作れるこだわり商品です。

商品情報

海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー1海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー2

商品名:カタクチ鰯のアンチョビー

キャッチフレーズ:まろやかな塩味旨味

内容量:95g(固形量65g)

※賞味期限:常温 6ヶ月

製造者名:海童工房 魚寅

※販売価格:1,200円

※.賞味期限等や販売価格は、あくまで参考の目安としてください。

みえ案内人
あっさりとした味わいながらも、一切れ一切れに旨味が凝縮されています。海外産に比べて値は張りますが、丁寧なお仕事で職人のこだわりが伝わってくる商品です。

アレンジ料理

カタクチイワシのアンチョビーはそのままでも十分美味しいですが、パンやビスケットに乗せて食べるのもオススメです。お手軽なので、ぜひ試してみてください。

海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー3

海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー4

三重県鳥羽市のお土産 カタクチイワシのアンチョビー 販売場所およびメーカー情報

販売場所

海童工房 魚寅直営店で購入できます。

※.数量限定製造の商品のため、品切れの可能性もあります。お買い求めの際はご注意ください。

オンライン販売

燻製と発酵の専門店 海童工房 魚寅公式WEB

みえ案内人
海童工房 魚寅さんの公式WEBは、オンラインショップも兼ねられています。発酵商品ラインナップとしては、カタクチイワシの魚醤油やウタセエビの魚醤油などなどでバリエーションが豊富です。毎年、新たな発酵・燻製商品を試作されているので次は何が商品化されるのか注目です。

メーカー情報

製造者 魚童工房 魚寅のご紹介

所在地:〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-5-1

営業時間:9:00~17:00

定 休日 :水曜日

電話番号:0599-26-4000

代表商品:牡蠣の燻製(スモーク)オリーブオイル漬け、カタクチ鰯の魚醤油

公式WEB:http://www.kaidoukoubou-uotora.biz/

コメント:牡蠣の燻製や蛸の燻製など、美味しい珍味が揃ってます。直営店では商品の試食もできますので、お気に入りの燻製・発酵商品を見つけられますよ。

海童工房 魚寅さん カタクチイワシのアンチョビー仕込み風景

仕込みの カタクチイワシが水揚げされたら、鮮度を保つために届いてすぐに塩に漬け込みます。

燻製と発酵専門店 海童工房 魚寅 公式WEB URL

牡蠣・海鮮珍味 酒のつまみの通販は【海童工房 魚寅】
牡蠣・海鮮珍味 酒のつまみの通販は【海童工房 魚寅】

三重県鳥羽市浦村産の牡蠣、地元の海産物をさらにおいしく燻製などの加工食品として販売しております。牡蠣、蛸などのスモーク、牡蠣のオイル漬けなど食材を生かした食品の通販ショップです。牡蠣・海鮮珍味 酒のつ ...

続きを見る

ご紹介の三重県のお土産 特産に関する注意事項とお願い

本ページでの内容は更新日時点での情報です。商品に関する詳細や販売状況等は日々変化しますので、あらかじめご注意ください。

また、個人で運営しており掲載商品の最新情報を求めています。もし読者の方(または生産者さん)でご協力をいただけるのであれば、

  • 掲載場所以外の販売先情報
  • 掲載できていない商品内容情報(販売価格、賞味期限目安など)
  • その他、お気付きの点など

お気軽にSNS等でメッセージをいただけますとありがたいです。

@2019Hamaji

三重県鳥羽市の関連記事一覧

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

2019/11/30

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。 三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。 タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。 鳥羽なかまちって? 鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。 鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形 ...

ReadMore

三重県の美味しいおつまみ 関連記事一覧

三重県紀北町のお土産 うつぼ揚げ 塩コショウ キホクニヤ 中身2

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/16

三重県紀北町のお土産 うつぼ揚げ 塩コショウ キホクニヤ

伊勢神宮や熊野古道伊勢路、長島スパーランドなど観光地満載の三重県は、東側が全て海に面しています。北から南に行くと、伊勢湾から熊野灘に移り変わるにつれて地形も砂浜から磯へと地形が変わっていって・・・そうなると、獲れるお魚も違ってきます。 三重県の特に南部地域では、海のギャングと名高いお魚。ウツボを食べる習慣があるのをご存知ですか?もしかしたら、テレビ番組でよゐこの濱口さんが無人島生活でウツボを獲っていたのを思い出す方もいるかもしれません。 みえ案内人ちなみに、よゐこの濱口さんのおばあさんは三重県で海女さんを ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

三重県南伊勢町のお土産 骨なし串干物 あじ 伊勢志摩 山藤 中身4

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/1/24

三重県南伊勢町のお土産 骨なし串干物 あじ 伊勢志摩 山藤

伊勢志摩地域や南地域をはじめ、東側は全て海に面している三重県は、海の幸が豊富です。 伊勢海老やアワビ、サザエ、そして新鮮な魚たち。 伊勢志摩地域の南側に位置する南伊勢町でも、本日も新鮮な魚が水揚げされています。 そんな南伊勢町の田曽浦で干物屋さんを営んでいるのが伊勢志摩 魚屋 山藤さん。 今回ご紹介するのは山藤さんの干物なんですが・・・・ちょっと普通の干物ではないアイデア商品なんです。 干物どこでも革命と名付けても過言ではないかもしれません。そんな驚きと感動の商品、骨なし串干物 あじをご紹介していきます。 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

三重県の日本酒 関連記事一覧

麹室 もやしをかける準備

オトナミエ 三重県暮らしの情報 体験レポート

2019/12/1

WEBマガジン OTONAMIEで河武醸造 鉾杉の酒造り体験記事を書きました

三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンにて、三重県多気町の河武醸造さんにご協力をいただき、酒造り体験記事を書きました。 タイトルは米の温もりを肌で感じて。地元で造られる日本酒の世界です。 親しみのある三重県の地酒 鉾杉 三重県の日本酒は、特に伊勢志摩サミットで各国首脳に振る舞われたことで注目が高まりました。三重県に酒蔵ってどれだけあるかご存知ですか? 三重県には酒蔵が35蔵あります。 いかがでしょう?想像よりも多いのではないでしょうか。 今回、酒造りを体験させていただい ...

ReadMore

日本酒バー 麻吉 サメのたれ

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2020/2/10

伊勢古市「日本酒バー 麻吉」 今宵は地の酒と肴で友と酔う

日本酒バー麻吉 2020年3月31日 閉店のお知らせ 以下、facebookでのご投稿を転載させていただきます。もちろん、麻吉旅館さんは営業していますのでご注意ください。 少し悲しいお知らせですが、日本酒バー麻吉は2020年3月31日を最終営業日とし、閉店する事になりました。 3年と3ヶ月程の営業でしたが、地元の方も旅行の方も何度も来店して頂いたり、snsを通して楽しんで頂いた旨の投稿を見せて頂いたり、店側としても素晴らしい経験をさせて頂きました。 4月以降はバー営業で得たものを旅館に反映させていくつもり ...

ReadMore

伊勢志摩SAKEサミット2019 18

イベント 三重県観光情報

2019/8/16

伊勢志摩SAKEサミットの賑わい 日本酒に合う肴の最終到達点とは?

日本酒にはそれぞれ個性がある。 本醸造や純米酒、純米大吟醸といった製法の違い、酒米やこうじ菌の種類、そして何よりも酒蔵で働く人々の作り方や思いで味わいは十人十色だ。 日本酒をいただく時に欠かせないのは、美味しい酒の肴(さけのさかな)だろう。 肴といっても日本酒同様に、酒盗や干物といったThe定番のものから、チョコレートや果物など対象となる食べ物は幅広い。 毎年、5月26日は伊勢市の商店街は人々の活気に包まれる。 三重県の酒蔵が一堂に会する年1回の特別イベント「伊勢志摩SAKEサミット」だ。 「伊勢志摩SA ...

ReadMore

ラグザ大阪 にほんのお酒 河武醸造3

三重県お土産・特産情報 特集記事

2019/8/16

三重県の日本酒 鉾杉×牡蠣の和ヒージョがタッグ 生産者自ら大阪へ

あなたは普段から親しみのある商品は何ですか? 数えきれないくらい浮かんでいる人も多いのではないでしょうか。 そうであれば、とっても素敵なことです。 繰り返し購入しているということは、あなたはきっと商品の大ファンなんですね。 ところで、あなたが好きなその商品。 どのようにして出会ったのかを覚えていますか? 世の中で数多く販売されている商品には、生産者さん一つ一つ丹精込めて作り上げた思いが詰まっています。 ただ商品がどんなに美味しくても、あなたに知ってもらって、食べてもらわなければ何にも始まりません。 あなた ...

ReadMore

七代目の想い…・・&1

イベント 三重県お土産・特産情報 三重県観光情報 特集記事 観光スポット

2019/8/16

志摩市の酒屋 地酒で繋ぐ「食と人」 三重県の日本酒と牡蠣は美味い

三重県には美味しい「食材」が豊富です。 伊勢海老、松阪牛、牡蠣、蛤、お米、地鶏、みかん、鯛、お茶・・・・などなど。 三重県には美味しい「日本酒」も豊富ですね。 而今、作、半蔵、八兵衛、鉾杉、天遊林、宮の雪、田光、三重錦・・・・などなど。 列挙した「食材」と「日本酒」はほんの一部ですので、きっと別の「食材」と「日本酒」を想像した人も多いことでしょう。 それでは、あなたにとっての美味しい「食材の料理」と「日本酒」を想像してみてください。 想像できましたか? 想像した美味しい料理を口に運び・・・グラス(お猪口で ...

ReadMore

2020/03/14 (土) プラトンホテル四日市にメモの魔力 前田裕二さんの講演会応援中!

3:14 前田裕二in三重バナー

チケットお申し込み先はこちらから

-三重県お土産・特産情報, 水産加工品
-, , , , ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.