みえッセイ 三重県暮らしの情報

南伊勢町産のみかん刺盛りに心を奪われる 気ままに三重エッセイvol.3

南伊勢町産みかんの刺盛り3

南伊勢町にあるコワーキングスペース「むすび目Co-working」に先日お邪魔してきました。

参考

むすび目Co-workingを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック「南伊勢のむすび目 | Kii

窓からは南伊勢町内瀬の海の風景が望めます。とっても自然豊かで落ち着く素敵な場所です。

むすび目Co-workingから見える外の風景

海に浮かぶ島は弁天島。あおさの養殖風景も広がっていました。

むすび目Co-workingへは、鳥羽でゲストハウス「かもめnb.」を運営しながらライターも手掛ける鼻谷さんと訪れました。鼻谷さんは前職で部署は違えど、先輩後輩の関係です。僕が鳥羽市のクボクリのシェアオフィスを借りるきっかけになったのも、鼻谷さんとのつながりがあってこそでした。

と、そんな過去の振り返りはさておいて・・・今回の本題に入りましょう。むすび目Co-workingを利用して数日後、僕の目の前には南伊勢町産のミカンたちが集結していました。

南伊勢町産みかんのエトセトラ

・・・うっとりします。

鼻谷さん「濱地くんとむすび目Co-workingに行った日の後、3日連続で行ってきたら、伊澤さんに2個ずつ、いただいちゃいました。」

3日連続!という驚きと、宝石のように光るみかんたちに僕は目を輝かせました。

ありがとうございます!いただきます!(そして、伊澤くんもありがとう。またまた南伊勢町のみかん農家さんもありがとう。)

この豪華なみかんたちを見て、そういえば和歌山県のとあるバーで「みかんの刺盛り」が提供されているfacebook投稿の記憶が蘇ってきました。

チャンス到来!しかし、僕にフルーツカットの技術なんてない。そんなときは・・・

みえ案内人
お願い!花清水さーん

説明しよう

花清水さんとは、僕が拠点を構えるクボクリ1Fで名物鳥羽ちゃんぽんを提供する飲食店「花清水」さんのことである。清水ご夫妻には、時にはボラのぬか漬けを焼いてもらったり、生のりを佃煮してもらったりと、僕はお世話になりっぱななしなのである。

こちらもどうぞ
クボクリキッチン花清水 鳥羽ちゃんぽん ココナッツ1
鳥羽ちゃんぽんは具材ゴロゴロで美味 クボクリキッチン花清水

鳥羽に新たに誕生したグルメスポット クボクリキッチン花清水さんをご存知ですか? 大阪から移住してきた清水ご夫妻が営むお店です。看板メニューの鳥羽ちゃんぽんは、野菜や魚介・お肉などヘルシーで具だくさんな ...

続きを見る

こちらもどうぞ
志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん
鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市 ...

続きを見る

・・・その結果がこちら

せとか、不知火、はるみ、つのかがやき!の刺盛り

南伊勢町産みかんの刺盛り1

南伊勢町産みかんの刺盛り2

南伊勢町産みかんの刺盛り3

みえ案内人
なにこれ・・ステキすぎる。これが職人の・・いや、神の御業!

柑橘の名前も書いてもらいました。わかりやすい。清水さんありがとう!

  • はるみ
  • せとか
  • つのかがやき
  • しらぬい

食べ比べてみると甘味や酸味、食感とやっぱり違います。せとかのジューシーさも良いし、不知火の瑞々しくて食べごたえのある触感も捨てがたい。もう、みんな好きです。

食卓にこんなミカンの刺盛りが出てきたら、最高の1日を過ごせること間違いないでしょう。旬は旬のうちに、楽しんじゃいましょう!

終わり

三重エッセイアイキャッチ

みえ案内人
三重で気ままにエッセイは短い文章で筆者の日常を切り取ってみるシリーズです。落ちがない!などのクレームは受け付けませんので、読者さんも気ままにお付き合いいただけると嬉しいです。

 

-みえッセイ, 三重県暮らしの情報
-, , , , ,

© 2020 三重県 お土産観光ナビ