三重県暮らしの情報 三重県観光情報 伊勢志摩の観光 地元に泊まろう(ジモ泊) 鳥羽市観光

鳥羽小浜荘でジモ泊!三重県民にもおすすめ 伊勢志摩を満喫してみませんか?

鳥羽小浜荘 入り口看板

「今後の伊勢志摩旅行はどこに泊まろうかな。ちょっと聞いてみよっと。」

みえ案内人
あそこの旅館さんやホテルさん、良いってよく聞くよ。

 

この会話・・・おそらく、全国の観光地に住む地元民あるあるだと僕は思ってます。そう、地元民は旅館やホテルのことを実はあまりよく知りません。だって、そこに自宅があるのだから・・・

でも、地元民は地元の旅館やホテルに興味がないのかといえば・・・それはNo!

自分たちの暮らす町の旅館やホテルをもっと知りたい。そして、自信を持って「実際に泊まってみたんやけど、○○○はめっちゃオススメやで。」って伝えたい。そして、自分も楽しみたい!

そこで今回は、三重県鳥羽市のあじ彩の宿 小浜荘(おはまそう)さんにご縁あって、宿泊してきました。小浜荘さんのキャッチフレーズ「美味しい、楽しい、くつろげる」。この3点に注目して、地元民がおすすめポイントを検証していきます。

みえ案内人
先に泊まった結果だけお伝えしておきますと・・・やっぱり地元って最高でした!

小浜荘さんはジモ泊シリーズ第一弾の記事です。三重県に住んでいる地元民や伊勢志摩旅行をご計画されている県外の方も、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

楽しいを検証 早めにチェックインして旅館内外を散策。海が見えるってやっぱり良い。

地元泊(ジモ泊)のきっかけ

本企画は鳥羽に暮らす友人 喫茶店さんにお誘いいただき、「鳥羽市民限定特別宿泊キャンペーン(2020年4月)」を活用させていただいて実現しました。喫茶店さんと僕は存分に楽しむぞ!という気持ちと、キャンペーンを活用するからには地元旅館の魅力をお伝えするぞ!という気持ちをメラメラとさせて当日を迎えました。

鳥羽小浜荘 入り口

あじ彩の宿 小浜荘さんは伊勢神宮内宮から約20分、鳥羽水族館から4分の鳥羽市小浜町にあります。

海の側にあり、旅館の敷地内には桜や紅葉、あじさいなど自然がとても豊か。僕たちが伺ったのは4月頭でちょうど桜が咲いている時期でした。

まずは、さっそくチェックイン。館内に入ると昔ながらのTbe 旅館という雰囲気です。地元でありながら、既に長旅の末、宿に辿り着いた感覚に。

みえ案内人
ちなみに、今回のプランは休日/夕食・朝食付き10,000円コースを利用させていただきました。

靴を脱いですぐの、ラウンジソファーに腰掛けると・・・窓の外から鳥羽市小浜の海が広がっていました。

鳥羽小浜荘 エントランス窓

やっぱり海が近くにあるのって最高です。

まだチェックインもしていないのに、海を眺めながらラウンジでまったりとした時間を過ごしてしまいました。

チェックイン後、お部屋にご案内いただいても、まったり穏やか時間は変わらず。春の陽気と鳥のさえずり、そして穏やかな海。ずっと過ごせてしまえるから不思議です。

鳥羽小浜荘 2階の部屋からの風景2

和室から覗く景色も・・・

鳥羽小浜荘 2階の部屋からの風景

海を一望できました。遠くには動く船が見えます。ちなみに、こちらの景色は小浜荘 4階のお部屋です。

みえ案内人
忙しない日常には、こんな時間もたまには必要ですよね。景色をただただ眺めたり、読書を楽しむのも良いです。

ぶらっと外を散策してみても、穏やかに過ごせる時間は変わりません。

鳥羽小浜荘 近くの海

窓から見えた小浜の海までは、歩いてたったの1分です。たくさんの船が停泊していて、ゆらゆらと波のリズムに合わせて揺れていました。

鳥羽小浜荘 近くの海からの小浜荘

振り返れば、そこには小浜荘。

美味しいを検証 鳥羽 小浜荘のお料理をいただきます。やっぱり伊勢志摩は食の宝庫です。

鳥羽小浜荘 而今喫茶店

グラスからあふれる地酒にうっとり。こちらの写真は喫茶店さんご提供。

伊勢志摩旅の楽しみといえば・・・美味しいお料理に温泉です。まずは、小浜荘さんでいただいた伊勢志摩の御馳走と三重県の地酒を合わせてご紹介します。

※.食事は個室を利用させていただきました。

鳥羽小浜荘 小浜汁

小浜荘オリジナル 小浜汁でまずは一息。

小浜汁(おはまじる)は食事を楽しむ前にいただく、上品な味わいのお吸い物です。

「お酒を飲めない方にとっては食前酒の変わりになるような飲み物を」というお客様の配慮によって発案された特別なお吸い物なんです。小浜汁をいただいて、胃袋は準備万全です。

そして、地元民でも目を輝かせてしまう伊勢志摩の御馳走がこちらになります。

鳥羽小浜荘 お刺身

ブリにタイにマグロ、サザエに伊勢海老の刺し身。

珍味もあり。

鳥羽小浜荘 伊勢海老蒸し

まさに伊勢海老ざんまい。

伊勢志摩といえば、やっぱり海の幸ですよね。小浜荘さんでは地元鳥羽で獲れた食材を中心としたメニューを満喫できます。

みえ案内人
伊勢海老をこんなに贅沢に食べてしまっていいのかな・・・伊勢志摩の恵みに感謝です。

さらにこんな素敵なお料理に合わせたいのは・・・そう、日本酒。三重県の地酒です。

小浜荘さんでは三重県の地酒のラインナップがとても豊富で、伊勢志摩サミットで採用されたお酒も揃っています。

鳥羽小浜荘 日本酒作

まずは「作(ざく) 純米吟醸 雅乃智」をグラスで一杯。

鳥羽小浜荘 日本酒作グラス

ナミナミ・・ではなくグラスと受け皿にナミナミナミに。

普段、移動は車移動でお酒が飲めない僕も、今回は心置きなく三重県の地酒を味わえる幸せ。

みえ案内人
そうか・・宿泊する前提で仲間と集まればお酒が飲めるのか、という発見も。

小浜荘さんの贅沢なお料理は、まだまだ続きます。

鳥羽小浜荘 お肉

お肉好きもご安心。

鳥羽小浜荘 お肉2

タレにつけていただきます。

鳥羽小浜荘 貝蒸し

ホタテ、はまぐり、サザエの蒸し鍋 Before

鳥羽小浜荘 貝蒸し2

ホタテ、はまぐり、サザエの蒸し鍋 after

鳥羽小浜荘 而今

はい、こちら而今 特別純米 無濾過生酒になります。※.ナミナミナミ2杯目

鳥羽小浜荘 天ぷら

若旦那の揚げたて天ぷらはアツアツのうちにいただきます。

鳥羽小浜荘 おすまし

お吸い物を飲んで、また一息。

鳥羽小浜荘 デザート

最後にデザートも。バニラアイスと三重の地酒 而今・・とっても合います!

みえ案内人
もう言葉でお伝えせずとも、おわかりいただけたでしょう・・・もう、最高でした。

くつろげるを検証 温泉でゆったり。地元で見つけた楽園で夢見ごごち。

鳥羽小浜荘 浴衣

旅館の正装はやっぱり浴衣。

小浜荘のお料理と三重県の地酒を満喫した後、少し身体を休めて、こちらもお待ちかねの温泉大浴場へ。

小浜荘さんの大浴場は、南勢桜山温泉の運び湯にゆっくり浸かることができます。

鳥羽小浜荘 温泉大浴場1

大浴場の窓の外には池があります。※.特別に許可をいただいて、昼間に撮影しました。

鳥羽小浜荘 温泉大浴場2

窓を開けて、温泉から池で泳ぐ鯉を眺めてみる。

開放感ある窓からは凛として冷たくて澄んだ空気に温泉から立ち上る湯気のギャップ。まるで露天風呂に入っているように、身体の芯から温まれました。

ちなみに、小浜荘さんには2人用の貸し切り露天風呂(45分 1,100円)もあります。

鳥羽小浜荘 貸し切り露天風呂

露天風呂も素敵です。※.特別撮影許可をいただきました。

静寂の中に響く水の音と湯けむりを贅沢に堪能できてしまうのは、貸し切り露天風呂だからこそ。

貸切露天風呂にせっかくなら入りたい!という方は、宿泊人数に応じてしっかり事前予約しておきましょう。

みえ案内人
時間は45分間なので、ご利用の際は計画的。お酒でへべれけになって入浴時間を逃した!なんてことになったらモッタイナイです。
鳥羽小浜荘 ゆず大内山アイス

お風呂上がりに地元のご当地アイスを食べる幸せ。

陽気な日差しで目覚める朝、温かい朝食をいただきます。そう、ここは僕の地元です。

鳥羽小浜荘 朝食

温かな朝食も堪能。

鳥羽小浜荘 伊勢海老汁

ぐっすりと身体を休めて目覚めた朝。昨晩の食事や温泉、そして穏やかで特別な時間を過ごせたので、普段よりもスッキリと目覚められました。

小浜荘さんでは朝食もとっても温かくて豪華。湯気まで美味しい伊勢海老のお味噌汁をいただくと、朝の元気が湧いてきました。

みえ案内人
本当に良いところ。ここ地元なんだよな。
鳥羽小浜荘 コーヒー

ラウンジでいただくコーヒー(ちなみにグアテマラ豆)もとっても落ち着きます。

小浜荘さんでのジモ泊を終えて

小浜荘さんに宿泊してみて、特に以下の3点が約束されているなと確信を得ました。

  • 穏やかな時間を過ごせる。
  • 伊勢志摩の御馳走をいただきながら、お酒を飲み交わして、仲間とゆっくりと気兼ねなく談笑できる。
  • そして、温泉に入ったぐっすりと休める。
みえ案内人
そうすると、やっぱり小浜荘のキャッチフレーズ「美味しい、楽しい、くつろげる」そのもの。満喫してしまいました。

また、地元に泊まろう、略して「ジモ泊」の良さも発見できました。

  • 普段は車移動でお酒が飲めない人も気兼ねなくお酒を楽しめる。
  • 家族や仲間とじっくりとした時間を過ごせる。
  • 地元なので遠い旅先に訪れた時のような不安感が全くないこと。

まだまだ無限の可能性がありそうなジモ泊。

記事を読んでちょっといいなぁと思ってくれた方は、まずは小浜荘さんで仲間や家族とジモ泊を楽しんでみてはいかがでしょう。

三重県鳥羽市の旅館 小浜荘 情報まとめ

鳥羽小浜荘 入り口看板

小浜荘のホームページを覗くと、ホームページ経由のご予約で獲得できる4つの特典があります。

  • 特典1 先着2組様 露天風呂無料(平日)
  • 特典2 もれなく全員にモーニングコーヒープレゼント
  • 特典3 館内で飲み物やお土産を500円割引で購入(1室につき)
  • 特典4 記念日に宿泊の場合、記念プチイベントをご用意
みえ案内人
平日でさらに記念日でしたら、迷わずホームページでのご予約一択でしょう。
宿泊施設名 あじ彩の宿
住所 三重県鳥羽市小浜町288
宿泊料金 1泊2食付きで8,800円〜(平日)、休日 9,800円〜(休日) ※.季節によって料金は異なります。
内容 客室 17室
大宴会場完備
ティーラウンジ「四季」
庭園大浴場 殿方「杜の湯」、婦人「華の湯」
露天風呂 ヒノキ風呂、陶器風呂
おみやげ処
近鉄・JR鳥羽駅から送迎あり(要予約)
※.到着後、5分程度で送迎(15時〜18時まで)アメニティは
・バスタオル
・シャンプー、リンス、ボディソープ
・ドライヤー、ひげ剃り、シャワーキャップ、綿棒、くし・ブラシ、歯ブラシ・歯磨き粉
・温水洗浄トイレ
・浴衣
・羽毛布団
電話番号 0599-25-3551(代)
公式WEB http://www.ohamaso.com/
公式SNS 最新情報はこちらから
駐車場 あり 無料
アクセス方法 フロント
アクセス方法 車:伊勢神宮内宮から約20分、鳥羽水族館から4分。電車:近鉄・JR鳥羽駅から無料送迎あり※要予約

あじ彩の宿 小浜荘へのアクセスマップ

気になるスポットを事前にチェック!あなた好みの鳥羽の旅をお楽しみください。

2022/1/11

鳥羽シーサイドホテルでジモ泊!部屋から離島や船を眺める憩いのひと時

地元に宿泊してみよう!略して「ジモ泊」。北は長島スパーラランドになばなの里にはじまり、伊勢志摩に熊野古道と観光スポットが多い我が三重県。そんな三重県に遊びにくる友人に「宿泊先のオススメを教えて」と聞かれた時、あなたはどこをオススメしますか?実は、地元民の多くはオススメの観光スポットは熱く語れても、オススメのホテルや旅館を熱く語れる人は多くありません。 みえ案内人あそこのホテル、良いらしいよ。と答えるのが精一杯.. そこで、チャンスがあったら地元に泊まって見識を広げようと始めてみたのが「ジモ泊」です。 今回 ...

ReadMore

2021/10/25

鳥羽なかまちグルメを一挙紹介!クボクリから◯◯mのMAP付き

鳥羽なかまちは主に鳥羽3丁目4丁目付近を指す、三重県の一大観光スポット 鳥羽水族館からもアクセス良好なまち。 そんな鳥羽なかまちでは近年、新しいお店が続々とオープンしています。特に充実している飲食店やカフェは、地元住民だけでなく観光に訪れた方にも人気です。 本記事は普段から鳥羽なかまちグルメを食べ歩きしている筆者が保存用に作った「鳥羽なかまちグルメマップ」を公開。マップに掲載されたお店をひとつひとつご案内していきます。鳥羽水族館やミキモト真珠島をはじめ、伊勢志摩観光で訪れた方も、三重県で暮らす身近なグルメ ...

ReadMore

2021/10/24

年1回の特別な鳥羽の夜 鳥羽なかまち竹明かりマーケットを楽しむ

幾何学的な模様から溢れる温かなひかりに魅了されるイベント、竹明かり。三重県鳥羽市の町中では、年に1度だけ竹明かりが灯ることを知っていますか? 竹明かりの会場は、鳥羽藩主内藤氏の菩提寺「西念寺」。時刻は午後5時を過ぎる頃、あたりが暗くなるにつれて現れた幻想的な明かりが、訪れる人を優しく包み込んでいきました。 鳥羽なかまち竹明かりマーケットって? 毎年、10月または11月頃に開催されている鳥羽なかまち会主催のイベントです。 鳥羽なかまち会は町の住民で結成された団体で、昭和の街並みを残す鳥羽なかまちの活性化を願 ...

ReadMore

hunakoshisyouyusoft

2020/6/28

船越しょうゆ&レッドパールどっちにする?鳥羽マルシェのご当地ソフトクリームをご紹介

甘くて冷たいご当地ソフトリクーム。はじめて訪れた土地で「どこかで食べられないかな?」と探してしまいますよね。特に暑い日差しが降り注ぐ季節には、お昼ごはんを抜いてでも1日1本は食べたい・・・そんな魅惑のデザートです。 鳥羽水族館やミキモト真珠島など、真っ青な海の情景に目を奪われてしまう三重県鳥羽市にもご当地ソフトクリームを食べられるお店があります。今回は鳥羽駅から徒歩1分の鳥羽マルシェで食べられるソフトクリームのご紹介です。 鳥羽マルシェさんのソフトクリームは2種類 レッドパールソフトクリーム 船越しょうゆ ...

ReadMore

鳥羽市浦村 ボラ楯あみ漁の島3

2021/3/30

鳥羽ボラ楯漁の記憶 船上で漁師さんと浦村の無人島を見上げる。

鳥羽市浦村町の生浦湾はとても穏やかなで、海面を颯爽と漁船が走ります。 万能海藻と名高いアカモクの取材で、漁師さんと共に漁船の上に僕はいました。 心地よい風を感じながら、横を見ると牡蠣養殖筏がたくさん並んでいるのは、ここが牡蠣養殖の一大産地鳥羽市浦村町だから。 牡蠣養殖筏を横目に前に顔を戻すと、今度は小さな小島が見えてきました。 漁師さん「ここはな、無人島で昔ボラの漁が盛んやったんさ。画像を送ったから見てみ。」 スマホの映った画面と目の前の島を見比べてみます。 すると、僕は過去と現在が繋がるような不思議な感 ...

ReadMore

旅の思い出のおすそわけに鳥羽のお土産はいかがですか?

2022/5/12

鳥羽市のお土産に 伊勢海老問屋の伊勢開運海老せんべいはいかが?

伊勢志摩・鳥羽で絶対にはずせないグルメといえば、美味しい海鮮料理! そして、伊勢志摩を代表する海鮮の王様といえば...そう伊勢海老ですよね。伊勢志摩旅行では、絶対に伊勢海老を存分に味わい尽くしてやる!と計画を立てている方必見。せっかくなら、グルメ旅と合わせて伊勢海老にこだわったお土産もGETしましょう。 今回ご紹介するのは、伊勢湾で水揚げされた伊勢海老を使った「伊勢開運海老せんべい」です。殻だけでなく身も丸ごと入ったこだわりのお煎餅ですので、伊勢海老好きな方にはもってこいのお土産。ぜひ、商品や販売している ...

ReadMore

2021/11/27

秋・冬限定の鳥羽名物 トロさわらの炙り棒寿司が絶品!というお話

三重県鳥羽市は美味しいお魚で溢れている。 伊勢海老に鮑、みんな大好きなマグロ!ももちろんオススメですけど、鳥羽にきたなら絶対に食べてもらいたい魚があります! それが答志島 トロさわらです。 みえ案内人ん、サワラ?と思ったあなた。侮るなかれ。トロがついてますよ。 栄養満点な伊勢湾の海で育ったサワラは、まさに極上!特に毎年10月頃に脂がノリノリになったサワラ、そうトロさわらは極々極上!なんです。 答志島 トロさわらがなんぞやと、とやかくいうのはやめにしましょう。まずは、答志島 トロさわら炙り棒寿司の実食の様子 ...

ReadMore

2021/5/8

三重県鳥羽市の春を知らせる海藻 けのりで料理を色々作ってみた。

伊勢志摩の海は、僕たちの生活に欠かせない美味しい食材の宝庫。 伊勢志摩に暮らしていると、自宅には常に海の食材が溢れています。伊勢志摩では海藻も豊富で、あおさのりにわかめ、ひじきにアカモクなどなど。 そんな有名どころの海藻を差し置いて、今回ご紹介させていただきたい海藻が「けのり」です。 みえ案内人毛のり?と頭で勝手に字面が変換された方は、あながち間違っていません。 実際に調理して食べてみると、伊勢志摩を代表するアオサノリと同じく、何にでも使える万能海藻でした。今回はそんな万能海藻「けのり」を作った料理レシ ...

ReadMore

2021/5/7

三重県鳥羽市のお土産 伊勢志摩コスメ 海の女神スクラブソープでさっぱり潤う

バスタイムが楽しくなる伊勢志摩らしいご当地コスメをご存知ですか? 伊勢志摩コスメ 海の女神シリーズは、海藻成分や真珠成分、そしてこだわりの潤い成分が配合された女性の肌を思って作られています。種類は石鹸・スクラブソープ・ハンドクリームの3つです。 みえ案内人ん、あんた男でしょ?というツッコミ、ありがとうございます。はい僕は男です。 日頃から女子力(?)は高いと自負している僕は、実は伊勢志摩コスメを日頃から使っています。開発した事業者さんとのご縁をいただいたことがきっかけですが、今では日常に溶け込むお気に入り ...

ReadMore

2022/1/2

三重県鳥羽市のお土産 しおさい餅は海の町らしさ溢れる名物餅

三重県各地には美味しい名物餅が数あれど、鳥羽市の名物餅ってなんだろう? 伊勢神宮を目指す本街道沿いに多いお餅文化とは別に、地域で愛され続けるお餅があるんです。そこでしか販売されていないものが殆どなので、知らない人も多いかもしれない珍しいお餅。 今回は打ち寄せる波間を連想させる鳥羽らしい和菓子、梅の家さんの「しおさい餅」のご紹介です。 こんな人におすすめ ご当地なお餅が好きな人 伊勢志摩が好き、海が好きな和菓子好き 鳥羽らしい名物餅をお土産にしたい人 梅の家本店 しおさい餅 商品情報 梅の家とは 御菓子司 ...

ReadMore

地元に泊まろう「ジモ泊」シリーズの記事はこちらから

2022/2/4

南伊勢の旅館 とよや勘兵衛でジモ泊!部屋から五ヶ所湾を眺め、新鮮な魚介料理を贅沢にいただく。

今回は自宅から車で約40分、郷土料理をアレンジした料理宿 とよや勘兵衛さんに初めて宿泊してきました。実は以前から、三重県が誇る絶品珍味「熟成 ソマカツオの塩切り」の製造元としても知られるとよや勘兵衛さん。 とよや勘兵衛さんでは、慌ただし日々を忘れさせてくれる南伊勢町ならではの最高の時間を過ごせます。絶品の海鮮グルメも必見!ぜひ地元民としてもオススメしたいお宿です。 では、実際に宿泊した様子をご紹介していきましょう。 お部屋から五ヶ所湾・夫婦岩を望みながら。 とよや勘兵衛さんの場所は、伊勢神宮内宮から南に約 ...

ReadMore

2022/1/11

鳥羽シーサイドホテルでジモ泊!部屋から離島や船を眺める憩いのひと時

地元に宿泊してみよう!略して「ジモ泊」。北は長島スパーラランドになばなの里にはじまり、伊勢志摩に熊野古道と観光スポットが多い我が三重県。そんな三重県に遊びにくる友人に「宿泊先のオススメを教えて」と聞かれた時、あなたはどこをオススメしますか?実は、地元民の多くはオススメの観光スポットは熱く語れても、オススメのホテルや旅館を熱く語れる人は多くありません。 みえ案内人あそこのホテル、良いらしいよ。と答えるのが精一杯.. そこで、チャンスがあったら地元に泊まって見識を広げようと始めてみたのが「ジモ泊」です。 今回 ...

ReadMore

鳥羽小浜荘 入り口看板

2022/1/11

鳥羽小浜荘でジモ泊!三重県民にもおすすめ 伊勢志摩を満喫してみませんか?

「今後の伊勢志摩旅行はどこに泊まろうかな。ちょっと聞いてみよっと。」 みえ案内人あそこの旅館さんやホテルさん、良いってよく聞くよ。   この会話・・・おそらく、全国の観光地に住む地元民あるあるだと僕は思ってます。そう、地元民は旅館やホテルのことを実はあまりよく知りません。だって、そこに自宅があるのだから・・・ でも、地元民は地元の旅館やホテルに興味がないのかといえば・・・それはNo! 自分たちの暮らす町の旅館やホテルをもっと知りたい。そして、自信を持って「実際に泊まってみたんやけど、○○○はめっ ...

ReadMore

-三重県暮らしの情報, 三重県観光情報, 伊勢志摩の観光, 地元に泊まろう(ジモ泊), 鳥羽市観光
-, , , , ,