三重県観光情報 伊勢志摩の観光 鳥羽市観光

年1回の特別な鳥羽の夜 鳥羽なかまち竹明かりマーケットを楽しむ

幾何学的な模様から溢れる温かなひかりに魅了されるイベント、竹明かり。三重県鳥羽市の町中では、年に1度だけ竹明かりが灯ることを知っていますか?

竹明かりの会場は、鳥羽藩主内藤氏の菩提寺「西念寺」。時刻は午後5時を過ぎる頃、あたりが暗くなるにつれて現れた幻想的な明かりが、訪れる人を優しく包み込んでいきました。

鳥羽なかまち竹明かりマーケットって?

毎年、10月または11月頃に開催されている鳥羽なかまち会主催のイベントです。

鳥羽なかまち会は町の住民で結成された団体で、昭和の街並みを残す鳥羽なかまちの活性化を願って、会員だけでなく観光客も、市民も、わくわくするような日常空間形成を目指して活動をされています。

また、鳥羽なかまちでは鳥羽なかまちマーケットを年に複数回開催されていて、今回ご紹介する「竹明かりマーケット2021」も含めると第28回目となります。

みえ案内人
継続は力なり、鳥羽の定番イベントなんです。

参照1:鳥羽なかまち公式WEB 鳥羽なかまちについて

参照2:鳥羽なかまち竹あかりマーケット 2021年10月23日(土)開催します!

鳥羽なかまち竹明かりマーケットの様子をご紹介

鳥羽なかまち竹明かりマーケットの魅力は、幻想的な竹明かりに加えて、普段は見られない鳥羽なかまちを体験できることです。

鳥羽なかまちは、基本的には夕方まで営業のお店がほとんどです。つまり、18時以降は真っ暗な静かな町並みに。しかし、鳥羽なかまち竹明かりマーケットでは違います。鳥羽なかまちの各店は、竹明かりに合わせて特別営業時間となり、さらにこの日だけの特別店もオープン。本当に盛り沢山なイベントなんです。

それでは、夜の鳥羽なかまちを巡っていきましょう。

まずは竹明かりの様子からどうぞ

海童工房 魚寅手前の道から西念寺までの道。小さな竹明かりがお出迎え。

時計の針が午後5時を過ぎたと同時に、ゴーンと鐘の音が響き渡ります。西念寺の鐘の音が竹明かり開始の合図になります。

竹明かりはほんのり暗くなったくらいが、個人的にはベストタイミング。開催日で多少異なりますが、大体午後5時30分くらいからがオススメです。

西念寺さんの正門をまっすぐ見据えると飛び込んでくる幻想的なひかりの風景。会場には心地よい音楽も流れています。

一本一本の竹には、とても細かな穴が開けられていて、そこから温かな明かりがこぼれ出ていました。

圧巻の大きな竹明かりはもちろん、小さな竹明かりも可愛らしくて素敵です。竹の中で灯る明かりの色によって印象も異なって、まじまじと眺めてしまいます。

鳥羽なかまちのトレードマーク「かまど」キャンドルアートも発見!

会場に訪れた人はカメラを片手に撮影にも夢中に。なかなかうまく撮影できないという声も聞こえてきました。

アドバイス:夜の撮影は三脚があると便利です。スマホでも手ブレしないようにミニ三脚を用意すると良いですよ。

つづいて、貴重な鳥羽なかまち夜の賑わい

西念寺さん正門を背にして眺めた風景

竹明かりの幻想的な明かりに包まれた後は、この日だけ特別に夜も営業されている鳥羽なかまちのお店に繰り出しましょう。

小さな竹明かりが行く先を照らしてくれています

竹明かりに導かれるように西念寺さん横の小道を進みます。道を抜けるとそこには...

の姿がありました。

温かいおでんゲット

ちょっと小腹が空いてきたので何か食べるものないかな?と手に入れたのは、とこよ郷さん特製おでん!

みえ案内人
とこよおでん、初めて食べます。とっても貴重です。

10月も後半に差し掛かり、あっという間に季節は冬に。湯気まで美味しい「あったかおでん」を一口頬張ります。すると、五臓六腑まで染み渡って身体の芯まで温まっていく感覚を得られます。

発酵と燻製の専門店 海童工房魚寅

続いて訪れたのは、海童工房 魚寅さん。鳥羽なかまち竹明かりマーケットでは、特別な魚寅に。その名も「ウオトラB(バー)」。特別メニューとして、サメのタレ串とアンチョビじゃがバター、そして日本酒やワインを用意されていました。

こちらがアンチョビじゃがバター

みえ案内人
僕は車で帰宅しなければいけないので、残念ながらお酒はお預けです。

せっかくなので気になるメニュー「アンチョビじゃがバター」をいただきました。僕は何を隠そう、海童工房 魚寅さんの「カタクチイワシのアンチョビー」ファンの一人です。新鮮なカタクチイワシを長期間熟成発酵させた魚寅さんだからこそ作れる特別なアンチョビをバターと合わせて、ホクホクのじゃがいもといただく....もう、美味しくないわけないですよね。

関連記事
海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー2
三重県鳥羽市のお土産 カタクチイワシのアンチョビー 海童工房 魚寅

口の中でほぐれるとトロリと濃厚な味わいが特徴の発酵食品「アンチョビ」。ピザやパスタなど、特にイタリアンで活躍している印象がありますね。 アンチョビの原材料といえば、カタクチイワシ。実は三重県が全国で ...

続きを見る

来店されているお客さんは、アンチョビじゃがバターを日本酒やワインと合わせたりと「ウオトラB(ar)」を存分に楽しまれていました。

お腹も満たされた後は、夜の鳥羽なかまちをちょっと散策。

おにぎりカフェ うさぎのしっぽ

クボクリカフェスペースから漏れる光も綺麗です

実は鳥羽なかまちは、年々魅力的なスポットが増えてきています。鳥羽なかまち竹明かりマーケットでは、回りきれなかったスポットも多数。

特にグルメでは、

などなど、人の賑わいと時間配分を間違えて辿りつけませんでした。今年の反省です。来年に活かします。

鳥羽なかまち&来年の竹明かりマーケットに要注目!

鳥羽なかまち竹明かりマーケットは毎年、お店が増えていたり、竹明かりの数がボリュームアップしていたりと目が離せません。

晩秋の風物詩として鳥羽に定着している竹明かり。まだ、鳥羽なかまち竹明かりマーケット未体験の方は、ぜひ訪れてみてください。また、鳥羽なかまちの個性的で気にあるお店にもぜひ行ってみてくださいね。

2021/10/25

鳥羽なかまちグルメを一挙紹介!クボクリから◯◯mのMAP付き

鳥羽なかまちは主に鳥羽3丁目4丁目付近を指す、三重県の一大観光スポット 鳥羽水族館からもアクセス良好なまち。 そんな鳥羽なかまちでは近年、新しいお店が続々とオープンしています。特に充実している飲食店やカフェは、地元住民だけでなく観光に訪れた方にも人気です。 本記事は普段から鳥羽なかまちグルメを食べ歩きしている筆者が保存用に作った「鳥羽なかまちグルメマップ」を公開。マップに掲載されたお店をひとつひとつご案内していきます。鳥羽水族館やミキモト真珠島をはじめ、伊勢志摩観光で訪れた方も、三重県で暮らす身近なグルメ ...

ReadMore

2021/10/24

年1回の特別な鳥羽の夜 鳥羽なかまち竹明かりマーケットを楽しむ

幾何学的な模様から溢れる温かなひかりに魅了されるイベント、竹明かり。三重県鳥羽市の町中では、年に1度だけ竹明かりが灯ることを知っていますか? 竹明かりの会場は、鳥羽藩主内藤氏の菩提寺「西念寺」。時刻は午後5時を過ぎる頃、あたりが暗くなるにつれて現れた幻想的な明かりが、訪れる人を優しく包み込んでいきました。 鳥羽なかまち竹明かりマーケットって? 毎年、10月または11月頃に開催されている鳥羽なかまち会主催のイベントです。 鳥羽なかまち会は町の住民で結成された団体で、昭和の街並みを残す鳥羽なかまちの活性化を願 ...

ReadMore

ウラムラマンTシャツ

2021/10/24

鳥羽市浦村産ワカメで鳥羽なかまちを笑顔に。ウラムラマン初出動!

漁師さん「ワカメを持ってって。良かったら、みんなに配ったってな。」 ぐっと引き寄せられた鳥羽市浦村産養殖ワカメ。 水揚げされた新鮮なわかめはメカブ付き! 三重県の伊勢志摩地域では、豊富な海の幸で有名です。海の王様「伊勢海老」やプリプリの牡蠣などはとても有名ですが、僕たちの生活を支えてくれている海藻もたくさん水揚げされているんです。 そんなこんなで、鳥羽市浦村町のアクティブ漁師 浅尾大輔さんたちの取材を終えた帰り際に「新鮮なワカメ」のお土産をいただいちゃいました。 みえ案内人ありがとうございます!ありがたく ...

ReadMore

クボクリキッチン花清水 鳥羽ちゃんぽん ココナッツ1

2021/10/25

鳥羽ちゃんぽんは具材ゴロゴロで美味 クボクリキッチン花清水

鳥羽に新たに誕生したグルメスポット クボクリキッチン花清水さんをご存知ですか? 大阪から移住してきた清水ご夫妻が営むお店です。看板メニューの鳥羽ちゃんぽんは、野菜や魚介・お肉などヘルシーで具だくさんなことで人気です。またスープにぐっと溶け込んだ素材の旨みが味わえるので気づいたらすべて飲み干してしまう、そんな至福の一杯を楽しめます。 僕は何を隠そう鳥羽ちゃんぽんの一人のファン。もっとたくさんの人に鳥羽ちゃんぽんを楽しんでもらいたい。そんな思いから、僕が実際にお店でいただいた定番から歴代の期間限定 鳥羽ちゃん ...

ReadMore

クボクリ1

2021/10/25

鳥羽なかまち KUBOKURI|クボクリのレンタルオフィスで過ごす

鳥羽市の鳥羽なかまちを知っていますか? 鳥羽なかまちは、「鳥羽の台所」と呼ばれていた地域です。 鳥羽なかまちに「ギャザリングスペース KUBOKURI(以下、クボクリ)」があります。 僕は2019年4日7日からクボクリのレンタルオフィスをお借りすることになりました。 過ごしはじめて日は浅いですが、クボクリ周辺の空気を感じて、今日もカタカタとパソコンのキーボードをタイピングしています。   せっかくなのでクボクリのことを紹介させてください。   実はですね・・・・レンタルオフィスにあと一 ...

ReadMore

-三重県観光情報, 伊勢志摩の観光, 鳥羽市観光
-, , ,

© 2021 三重県 お土産観光ナビ