YouTube番組 発見!三重びとリサーチ 三重県のヒト情報

Youtube番組【発見!三重びとリサーチVol.1】発酵と燻製のスペシャリスト 海童工房魚寅杉田さんにインタビュー

三重県の物産や観光分野で活躍されているゲストの方に、地域や商品の魅力、知らなかった新たな発見を視聴者の方にお届けできたらという趣旨の番組「発見!三重びとリサーチ」。

初回のゲストは、三重県鳥羽市の発酵と燻製の専門店「海童工房魚寅(かいどうこうぼう うおとら)の杉田さんです。杉田さんは三重県が誇る発酵と燻製のスペシャリストであり、旨味の探求者です。どうやったら旨味を向上させられるか、旨味探求は試行錯誤の連続。朝早くからの仕入れや魚を加工する作業など、大変なことも多いです。ただ、一つ間違いないのは旨味を探求し続ける杉田さんはとにかく楽しそう。

番組ではそんな杉田さんのお人柄をお伝えするとともに、魚醤や発酵にちょっと詳しくなれる内容になっています。

みえ案内人

前編と後編に分けてお送りしていますので、ぜひご覧ください。

前編 発酵と燻製のスペシャリストに旨味や魚醤のこと、色々お聞きしました。

前編では、旨味や製造されている魚醤のことを中心に、楽しくお話を聞かせていただきました。

後編 発酵と燻製のスペシャリストに速醸魚醤(無塩魚醤)や魚醤づくりの副産物 有効活用の可能性など、色々お聞きしました。

後編では、新たに魚寅さんが取り組まれている「速醸魚醤(無塩魚醤)」のお話や、酒造りとの共通性、副産物の脂や魚醤カスの有効活用、コラボ先募集中のお話を楽しく聞かせていただきました。

みえ案内人

お魚を余すことなく「いただく」、魚醤と副産物のお話は必見。

おまけ 杉田さん特製 酒粕おつまみをいただきました

前編と後編で紹介できなかった【おまけ編】 を公開しました。

杉田さん特製の三重県多気町の酒蔵 河武醸造さんの酒粕を使ったおつまみを美味しくいただきました。河武醸造さんの酒粕を使って、ただいま商品開発を進めている杉田さん。番組で登場する「酒粕×◯◯×◯◯」以外に、これからどんどん新しい組み合わせが登場しそうです。

みえ案内人

また、「今日の魚寅 杉田さん」みたいなコーナーで紹介できたらと思ってます。

海童工房 魚寅 お店の情報

海童工房 魚寅 お店の外観
店名発酵と燻製専門店 海童工房魚寅
住所〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-5-1
休業日水曜日
営業時間9:00~17:00
電話番号0599-26-4000
公式WEB海童工房魚寅公式WEB
公式SNS 最新情報はこちらから海童工房魚寅公式Facebook
駐車場なし
アクセス方法鳥羽水族館から車で2分、中之郷駅から徒歩7分
備考公式WEBにてオンラインショップあり

海童工房 魚寅さん 関連リンクはこちら

関連記事
三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1
三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸!特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心 ...

続きを見る

関連記事
samenotarekunnsei_1
三重県鳥羽市のお土産 さめのタレ燻製は噛めば噛むほど味わい深い逸品です。

あなたが普段の生活をしている地域には、「特別な食べ物」はありますか? その地域に根付いているからこそ食べてみたい、そう思うのは旅の楽しみのひとつですよね。 全国的にも有名で多くの方が観光に訪れる場所 ...

続きを見る

関連記事
志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん
鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市 ...

続きを見る

-YouTube番組 発見!三重びとリサーチ, 三重県のヒト情報
-, , , , , , ,