オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。

三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。

町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)
町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)

三重県の各町で実際に暮らす住民と一緒に「まち歩き」。 今回、ご協力いただいたのは、鳥羽市の中之郷の濱口和美さん。町で育ち、今を暮らす濱口さんはどんな風景を見ていたのでしょうか。 実際に一緒に町を歩いて ...

続きを見る

タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。

鳥羽なかまちって?

鳥羽大正屋 かどや

鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。

鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形文化財に指定されたことをきっかけとして、地域住民が立ち上がり、平成26年11月に"鳥羽なかまち会"が発足しました。

そして現在、"鳥羽なかまち会"は"合同会社 なかまち”となり、地域イベント「鳥羽なかまちマーケット」の開催やギャザリングスペースKUBOKURIの運営など、積極的な取り組みをされています。

鳥羽なかまち公式WEBはこちら

僕と鳥羽なかまちや和美さんとの出会い

クボクリ1

僕が鳥羽なかまちとの関わりを持ったのは、たまたまご縁が繋がってのことでした。

きっかけは鳥羽でゲストハウスかもめ.nbを運営している鼻谷さん。伊勢新聞社時代の元先輩で、プチ英会話クラブに参加したり、シャボン玉パフォーマンス?の練習をしたりと時々顔を出しては何かをしていました。

鳥羽のゲストハウス かもめnb.

エビフライで有名な漣さんの妙慶川向かいに建物があります。

きたる2019年4月1日。個人事業主として独立をすると決めていて、税務署に諸々の書類を提出し、少々困った事態が起こっていました。

みえ案内人
さて、仕事の拠点・・・どうしよう。

自宅を仕事の拠点にすることも考えましたが、せっかくならどこかでオフィスを借りたい。入居者や地域の人々とか関われるような、そんな拠点を探していましたが、独立日に間に合いませんでした。

伊勢周辺で探して全部で3拠点の候補があり、その中に合同会社NAKAMACHIが運営するKUBOKURI2階 シェアオフィスがありました。

そこにはかもめnb.の鼻谷さんをはじめ、マルサ商店の佐藤さんが入居されていました(後にカメラマンの阪本博文さんも)。

KUBOKURIなら伊勢の自宅から移動時間が15分〜20分程度で、さらにお話を伺って知った地域の取り組みにも興味関心を懐き、ウズウズしました。

鳥羽なかまち町歩きでご協力をいただいた濱口和美さんは合同会社NAKAMACHIの代表者で、はじめて出会ったのがKUBOKURI入居希望のプチ面接。

あれから、半年以上が経ち、和美さんをはじめ鳥羽なかまちの方々と顔を合わせて過ごす時間があったのは、KUBOKURIに入居したからなんだと思うと、感慨深いです。

OTONAMIE(オトナミエ)で書いた鳥羽なかまちの町歩き記事は、自分が知っている町でも人によっては見え方が違っているんだろうなという好奇心を形にしたものです。案の定、和美さんの目には僕が目に触れながらも気に留めていなかった建物や場所・道など、モノクロだった光景が鮮明に色づいていく、そんな感覚を覚えました。

あなたの町もきっとそう、よければOTONAMIE(オトナミエ)で僕の記事を読んでみてくださいね。

タイトル:町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん

三重県鳥羽市の関連記事一覧

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

2019/11/30

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。 三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。 タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。 鳥羽なかまちって? 鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。 鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形 ...

ReadMore

なかまち関連記事
クボクリ1
鳥羽なかまち KUBOKURI|クボクリのレンタルオフィスで過ごす

鳥羽市の鳥羽なかまちを知っていますか? 鳥羽なかまちは、「鳥羽の台所」と呼ばれていた地域です。 鳥羽なかまちに「ギャザリングスペース KUBOKURI(以下、クボクリ)」があります。 僕は2019年4 ...

続きを見る

なかまち関連記事
クボクリキッチン花清水 鳥羽ちゃんぽん ココナッツ1
鳥羽ちゃんぽんは具材ゴロゴロで美味 クボクリキッチン花清水

鳥羽に新たに誕生したグルメスポット クボクリキッチン花清水さんをご存知ですか? 大阪から移住してきた清水ご夫妻が営むお店です。看板メニューの鳥羽ちゃんぽんは、野菜や魚介・お肉などヘルシーで具だくさんな ...

続きを見る

なかまち関連記事
慈眼山 金胎寺 夏越の祓い・茅の輪くぐり3
鳥羽名所 金胎寺|境内で巡る新八十八ヶ所と鳥羽の町並みを眺望

鳥羽なかまちの高台に位置する慈眼山 金胎寺で2019年6月末、初めて夏越の祓い、茅の輪くぐりが執り行なわれた。法螺貝を吹く住職の姿や大きな茅の輪、新八十八ヶ所巡り、階段下に広がる鳥羽暮らしの光景など、本記事では鳥羽 慈眼山 金胎寺を紹介していく。

続きを見る

なかまち関連記事
海童工房 魚寅 カタクチイワシのアンチョビー2
三重県鳥羽市のお土産 カタクチイワシのアンチョビー 海童工房 魚寅

口の中でほぐれるとトロリと濃厚な味わいが特徴の発酵食品「アンチョビ」。 ピザやパスタなど、特にイタリアンで活躍している印象がありますね。 アンチョビの原材料で使われている魚であるカタクチイワシは、実は ...

続きを見る

2020/03/14 (土) プラトンホテル四日市にメモの魔力 前田裕二さんの講演会応援中!

3:14 前田裕二in三重バナー

チケットお申し込み先はこちらから

-オトナミエ, 三重県暮らしの情報, 町並み
-, ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.