三重県お土産・特産情報 三重県暮らしの情報 体験レポート 特集記事

三重県産牡蠣の食べ比べ 絶品!蒸し牡蠣アレンジレシピをご紹介

蒸し牡蠣 ねぎ・ごま油

僕はついこの間まで「牡蠣」を食べることに苦手意識を持っていました。

そんな僕が「牡蠣」の美味しさ、特に蒸し牡蠣のバリエーション豊かな食べ方にどハマりしています。

牡蠣がもともと大好きな人はもちろんのこと、牡蠣に苦手意識がある人にもチャレンジしてもらいたい「蒸し牡蠣アレンジレシピ」を紹介します。

トントン拍子で進んだ三重県産牡蠣PR動画撮影

僕が「牡蠣好き」に変貌を遂げるきっかけになったのは、「三重県産牡蠣PR動画」への出演でした。

なんでもやったれ!精神で「いいですよー」が口癖になっていた僕は、

「牡蠣PR動画に出演しませんか?」

という依頼に応えて、1週間後にすぐ実現してしまいました。

 

集まったのは三重県産牡蠣を盛り上げたい有志たちです。

 

緊張しながら動画撮影は深夜にまで続いて、「3本の牡蠣PR動画」が完成しました。

そのうちの2本目がアレンジレシピの回になっていますので、まず紹介させてください。

拙い喋りはご勘弁をいただいて、勢いで撮影したにも関わらず良い動画に仕上がりました。

喫茶店さんの編集パワーには脱帽です。この記事で紹介するアレンジレシピの写真もほぼ喫茶店さんに撮影してもらっています。

その他、詳しくは「三重に暮らす 旅するWEBマガジン OTONAMIE」で「牡蠣PR動画」に関する記事を紹介しているので、よければ観てみてくださいね。

三重県の牡蠣をきっと食べたくなる3本立て動画が完成! まさかのYouTubeデビュー |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)
三重県の牡蠣をきっと食べたくなる3本立て動画が完成! まさかのYouTubeデビュー |三重県に暮らす・旅するWEBマガジン-OTONAMIE(オトナミエ)

とある某日・・・ 懇意にさせてもらっている鳥羽市のゲストハウス「かもめnb.」に僕はふらっと顔を出しました。 そこでたまたまの再会があって色々と盛り上がり 「いいですよー」の二つ返事でトントン拍子で話 ...

続きを見る

 

日本や三重県の牡蠣事情はどんな感じ?

筏とサギ

牡蠣といえば広島県や宮城県がまず浮かびます。認識が間違っていないか調べてみると・・・

日本の牡蠣生産量トップ3位

  • 広島県 103,902t
  • 宮城県 24,417t
  • 岡山県 16,148t

となっています。広島県が2位の宮城県を引き離し、圧倒的1位の座に君臨しています。

三重県はというと7位で3,903tです。8位の福岡県が1,860tなので「なかなかの産地」といえるでしょう。

三重県では鳥羽市が牡蠣の一大産地となっています。

牡蠣生産量の3分の2は鳥羽市浦村町で生産されていて、71軒中31軒の牡蠣養殖業者が「焼き牡蠣小屋」を営んでいます。

みえ案内人
ちなみに冬が旬なのが「真牡蠣」で夏が旬なのが「岩牡蠣」です。大多数の人が連想する親しみのある牡蠣は「真牡蠣」ですね。

蒸し牡蠣×ネギ×ごま油・・最高!美味しいアレンジレシピ紹介

牡蠣にハマった理由を僕なりにわかりやすく表現すると・・・

例えば「超辛口」ラベルのお酒をそのまま飲むと「うぇぇい!」ってなりますが、ぬる燗にして肴(さかな)と合わせると「おいしい(ホッコリ)」となりますよね。

「蒸し牡蠣×アレンジ」はそんな感覚です(わかりにくいですかね ?)。

いろんな食べ方を試してみたい、そんな可能性が広がる食材が「牡蠣」なのです。以下、アレンジレシピになります。

紹介するアレンジレシピ一覧

  • ネギ×ごま油
  • マヨネーズ×チーズ
  • 生わさびやゆずコショウ
  • 味ぽんやレモン
  • 食べるラー油
みえ案内人
自宅での蒸し牡蠣調理法は電子レンジを使えば楽チンです。牡蠣PR動画でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

蒸し牡蠣に合う調味料①食感も味わいも◎ユッケ風な「ネギ×ごま油」

蒸し牡蠣 ねぎ・ごま油

ごま油 ねぎ

ごま油が牡蠣を包み込んで旨味を閉じ込めます。ネギのシャキシャキ食感も楽しいです。一押しです。

蒸し牡蠣に合う調味料②食べやすいグラタン風「マヨネーズ×チーズ」

チーズ蒸しがき出来上がり

マヨネーズ、チーズ

マヨネーズとチーズだけでも美味しいですが、蒸し牡蠣を一緒に頬張るとプツッと旨味が口の中に広がりってきます。

蒸し牡蠣に合う調味料③辛味を加えて甘み増加「生わさびやゆずコショウ」

生わさび 柚子コショウ

牡蠣の甘みを引き出したいときは辛味を加えると良いです。一味や七味も試してみてください。

蒸し牡蠣に合う調味料④The王道のさっぱり食べられる「ぽん酢やレモン」

味ぽん レモン

さっぱり食べるならぽん酢やレモンは欠かせません。何個でもペロリと食べれてしまいます。

蒸し牡蠣に合う調味料⑤牡蠣食欲が刺激される中華風「食べるラー油」

蒸し牡蠣 食べるラー油

使っているのは五穀が入ったラー油なのですが、ピリッとした味わいに加えて、ごま油と同様に牡蠣の旨味を閉じ込めます。美味いです。

これだけの食べ方だけで牡蠣を存分に楽しめます。

他にも「牡蠣フライ」や「牡蠣鍋」、「牡蠣カレー」など自分のベスト牡蠣アレンジを探してみてください。

牡蠣を食べる時の注意点

実はいうと・・・僕はおそらく牡蠣を食べたことが原因で体調を崩したことが過去にあります。

その経験と牡蠣専門家の話を踏まえた上で「牡蠣を食べる時の注意点」を僕なりに挙げてみました。

  • 十分に火の通った牡蠣を食べよ
  • 貝殻を口につけて直で食すのは避けろ
  • 牡蠣の生食は自己責任

注意点① 生っぽければ再加熱

牡蠣に火が通っているか見分ける方法は「貝柱が透明かどうか」です。「貝柱が透明」であれば生なので再加熱しましょう。

注意点② 貝殻に直で口をつけて食べるのは避ける

貝殻に直で口をつけて食べることは、たとえ牡蠣に十分に火が通っていたとしても避けましょう。僕はおそらく、これで体調を崩しました。

注意点③ 牡蠣の生食は自己責任

「生牡蠣」に魅了した牡蠣ファンは多いです。「生牡蠣」も美味しいんですよね。ただ、牡蠣に苦手意識がある人はまず「蒸し牡蠣」や「焼き牡蠣」から食べてみるのをオススメします。

三重県の牡蠣があなたを待っている。

いかがでしたでしょうか。「蒸し牡蠣」を食べたくなってきましたか?

全国各地には美味しい牡蠣がたくさんありますので、「蒸し牡蠣」アレンジレシピにチャレンジしましょう。三重県では伊勢志摩や紀北町などが産地ですので、ぜひ遊びに来てくださいね。

三重県の牡蠣 関連記事一覧

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

浜与本店内宮前店 店内の様子

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2020/1/5

おはらい町 浜与本店で牡蠣尽くし!伊勢神宮内宮参拝後に牡蠣好き集合

「あぁ、牡蠣食べたいな。」 年末年始で三重県伊勢市を訪れた牡蠣好き。目的は伊勢神宮参拝とわかっていても、せっかく三重県にきたのだから牡蠣が食べたい。そんな心の声が漏れてしまうのは、牡蠣好きの性(さが)でしょう。   ・・・・牡蠣好きよ   ・・・・牡蠣好きよ、こっちへおいで。   「!??・・えっ」   駐車場に車を駐め、人で溢れかえったおはらい町通り。赤福本店を通り過ぎてすぐのところで、牡蠣好きが目を輝かせるお店がありました。 お店の名前は答志島 浜与本店さん。2 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

牡蠣の種差し 牡蠣の種表

オトナミエ 三重県暮らしの情報 体験レポート

2020/1/4

WEBマガジン OTONAMIE掲載 浦村牡蠣の種差しの記事を書きました

三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、鳥羽市浦村町の山善水産さんでの牡蠣養殖現場での経験を元に記事を書きました。 タイトルは「浦村牡蠣が大きく育つ1年前のお話 牡蠣の種差しってこんなお仕事」です。 牡蠣の種差しと聞いてどんなお仕事だと思いますか? 三重県でも鳥羽市浦村町は、全国7番目の牡蠣養殖の産地です。栄養豊富な山々の恵みが川を流れ、海の恵みが海流にのってぶつかる場所、それが鳥羽市浦村町をはじめ、養殖業が盛んな産地の特徴なんです。 毎年、初物の真牡蠣の解禁は10月 ...

ReadMore

三重県鳥羽市の関連記事一覧

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

オイスターファーム山善 店内の様子1

ショップ・グルメ 三重県観光情報 観光スポット

2019/12/29

鳥羽市浦村の室内牡蠣小屋 焼き牡蠣も蒸し牡蠣も食べ放題 山善水産

濃厚で身のつまったプリップリの牡蠣。三重県でも鳥羽市浦村町には30軒以上の牡蠣小屋があるのはご存知ですか? 11月頃の秋から冬の2〜3月頃まで牡蠣好きの観光客で賑わう光景は、毎年の風物詩です。 鳥羽市浦村に牡蠣を食べに行きたい!と、牡蠣欲求が高まった方が必ずぶち当たる悩みがあります。 そう、「どのお店がいいのかな?迷う・・・」という悩みです。 今回は僕が牡蠣養殖から牡蠣小屋のお手伝いでお世話になっている、オイスターファーム山善水産さんをご紹介させていただきます。 牡蠣小屋を利用されるお客さまが口を揃えて、 ...

ReadMore

鳥羽なかまち 隙間がない家同士の壁

オトナミエ 三重県暮らしの情報 町並み

2019/11/30

WEBマガジン OTONAMIEで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました

OTONAMIEマガジンで鳥羽なかまちの町歩き記事を書きました。 三重県に暮らす旅するWEBマガジン OTONAMIE(オトナミエ)マガジンに、合同会社NAKAMACHI代表の濱口和美さんにご協力をいただき、町歩きの記事を書きました。 タイトルは「町で暮らす住民と一緒にまち歩き 鳥羽市中之郷 濱口和美さん」です。 鳥羽なかまちって? 鳥羽なかまちは、鳥羽大正屋 かどやを中心として中之郷・藤野郷・赤崎など、昔ながらの建物や商店が残る鳥羽のまちを総称した呼び名です。 鳥羽大正屋 かどやが平成18年に国登録有形 ...

ReadMore

三重県の美味しいおつまみ 関連記事一覧

三重県紀北町のお土産 うつぼ揚げ 塩コショウ キホクニヤ 中身2

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/16

三重県紀北町のお土産 うつぼ揚げ 塩コショウ キホクニヤ

伊勢神宮や熊野古道伊勢路、長島スパーランドなど観光地満載の三重県は、東側が全て海に面しています。北から南に行くと、伊勢湾から熊野灘に移り変わるにつれて地形も砂浜から磯へと地形が変わっていって・・・そうなると、獲れるお魚も違ってきます。 三重県の特に南部地域では、海のギャングと名高いお魚。ウツボを食べる習慣があるのをご存知ですか?もしかしたら、テレビ番組でよゐこの濱口さんが無人島生活でウツボを獲っていたのを思い出す方もいるかもしれません。 みえ案内人ちなみに、よゐこの濱口さんのおばあさんは三重県で海女さんを ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 盛り付け1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣の甘露煮(黒胡椒味) 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

お腹がすくと食べたくなる、熱々で湯気まで美味しいご飯。 毎日食べても飽きない美味しいご飯に欠かせないものといえば? そう、ご飯のお供ですよね。 全国各地のお土産物店には、ご当地のご飯のお供が勢揃いしていて、ご飯好きにとって旅の楽しみの一つといってもいいかもしれません。 広大な伊勢湾や熊野灘に面する、ここ三重県でもご飯のお供を取り揃えています。 今回は、三重県の中でも牡蠣の生産地として有名な鳥羽市で作られているご飯のお供。発酵と燻製専門 海童工房 魚寅(かいどうこうぼう うおとら)さんの牡蠣の甘露煮(黒胡椒 ...

ReadMore

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅 中身1

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/2/10

三重県鳥羽市のお土産 牡蠣のオリーブオイル漬け 発酵と燻製専門 海童工房 魚寅

三重県鳥羽市といえば、鳥羽水族館にミキモト真珠島に離島巡り。 そして、忘れてはいけないのが新鮮な海の幸! 特に11月〜3月にかけて、海のミルクと名高い牡蠣の産地としても有名です。 鳥羽市には浦村地域を中心として、牡蠣小屋の数は何と約30軒もあります。ちなみに三重県の牡蠣生産量のうち、約3分の2が鳥羽市浦村地域が占めているんですよ。 牡蠣を存分に楽しんで自宅へ帰る前に、せっかくなら鳥羽らしくて、できれば牡蠣の美味しいお土産を手に入れたいな。 そんなあなたにオススメな商品がこちら。燻製と発酵専門店 海童工房 ...

ReadMore

三重県南伊勢町のお土産 骨なし串干物 あじ 伊勢志摩 山藤 中身4

三重県お土産・特産情報 水産加工品

2020/1/24

三重県南伊勢町のお土産 骨なし串干物 あじ 伊勢志摩 山藤

伊勢志摩地域や南地域をはじめ、東側は全て海に面している三重県は、海の幸が豊富です。 伊勢海老やアワビ、サザエ、そして新鮮な魚たち。 伊勢志摩地域の南側に位置する南伊勢町でも、本日も新鮮な魚が水揚げされています。 そんな南伊勢町の田曽浦で干物屋さんを営んでいるのが伊勢志摩 魚屋 山藤さん。 今回ご紹介するのは山藤さんの干物なんですが・・・・ちょっと普通の干物ではないアイデア商品なんです。 干物どこでも革命と名付けても過言ではないかもしれません。そんな驚きと感動の商品、骨なし串干物 あじをご紹介していきます。 ...

ReadMore

志摩郡誌 鳥羽誌 魚寅さん

コラム 三重県暮らしの情報

2020/1/17

鳥羽のボラ漁のお話 時代の変化と忘れゆく郷土食の味わい

鳥羽大庄屋かどやに飾られれていた絵には、当時の建物の様子が描かれていた。 明治30年代頃、鳥羽大庄屋かどやの真横は海だったそうだ。2020年(令和2年)現在には、想像もつかない。 昭和34年頃は、鳥羽市の生活道路 国道42号線の道幅は広くなく、海がもっと近かったという。鳥羽郵便局や三重銀行があるあたりには、伝馬船が停泊する入り江もあったそうだ。 そう話しをしてくれたのは、鳥羽市藤之郷で燻製や発酵の専門店 海童工房 魚寅の杉田公司さん(以下、杉田さん)。 私が事務所の拠点にしているkubokuriから徒歩約 ...

ReadMore

-三重県お土産・特産情報, 三重県暮らしの情報, 体験レポート, 特集記事
-, , , , ,

Copyright© 三重県 お土産観光ナビ , 2020 All Rights Reserved.