三重県お土産・特産情報 伊勢市のお土産 伊勢志摩のお土産

伊勢の名物羊羹をお土産に 岩戸の塩ようかんの甘しょっぱさを体験してみませんか?

伊勢市といえば?という問いかけに、赤福餅やへんば餅、二軒茶屋餅などなど名物餅の名前は必ず挙がることでしょう。伊勢の名物餅は長い旅路を巡り、お伊勢さんに到着した旅人をもてなしてきました。

みえ案内人
温かいお茶と名物餅をいただきながら、ホッと落ち着く旅人たち。名物餅の味わいは格別だったでしょう。

しかし、今回ご紹介するのは「名物餅」ではありません。「名物羊羹(ようかん)」です!実は伊勢には餅菓子以外にも、旅人をもてなすホッと落ち着く絶品銘菓がたくさんあるんです。

本記事では、伊勢の名物ようかんとしてオススメしたい絶品羊羹「岩戸の塩ようかん」をご紹介していきます。また、岩戸の塩ようかんの味わいレポートや美味しくなる豆知識、販売しているお店などをまとめていますので、ぜひ最後まで記事をご一読くださいね。

こんな人におすすめ

  • 伊勢土産で日持ちのする和菓子をお探しの人
  • 甘じょっぱい羊羹という響きだけで、ジュルっと気になってしまった人
  • 和菓子好き、羊羹好きでまだ岩戸の塩ようかんを未体験な人 もったいない、ぜひ一度は食べて!

五十鈴勢語庵 岩戸の塩ようかんの美味しくいただいたレポート

岩戸の塩ようかんの魅力は、味わいがとにかく滑らかな点です。切り分ける際には、グッと力を込めるくらいの羊羹には弾力があります。

一口サイズに切り分けた岩戸の塩ようかんをいただくと、甘さとしょっぱさが口の中で溶けていき、なんとも言えない心地よさを味わえます。温かい緑茶や珈琲との相性は抜群です。

※.岩戸の塩ようかんは、1個売りからギフト用の箱などの種類があります。

みえ案内人
お店の方はウイスキー等のお酒に良く合うと太鼓判。おつまみ系が好きで甘いものも好きという方、絶対に手に入れてください。

岩戸の塩ようかんの商品情報

パッケージの記載内容参照

名称 塩ようかん
原材料名 砂糖(グラニュー糖)、小豆あん(北海道産)、水あめ、岩戸の塩、寒天
内容量 250g
賞味期限 常温 約1ヶ月
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
製造者 〒519-0609 三重県伊勢市二見町茶屋569-35 有限会社 五十鈴勢語庵
電話 0596-42-1212
JANコード 4589900180013

栄養成分表示(100g当たり)推定値

  • エネルギー:288kcal
  • たんぱく質:3.4g
  • 脂質:0.3g
  • 炭水化物:68.0g
  • 食塩相当量:0.699g

販売価格(目安): 777円(税込)

※.賞味期限等や販売価格は、あくまで参考の目安としてください。

そもそも、岩戸の塩(いわとのしお)って?

伊勢神宮内宮のほとりに流れる五十鈴川の河口にあたる伊勢市二見町は、古くから神事に欠かせない「御塩(みしお)」を作る特別な土地。御塩で使われるのは伊勢二見で海から汲み上げた海水です。

岩戸の塩は、御塩と同じ土地・海水で作られる添加物の一切入っていない純国産自然海塩で、伊勢二見の岩戸館さんが製造されています。

丁寧に焼き上げられた岩戸の塩は、ミネラル分が豊富。まろやかで甘味のある味わいが特徴です。

みえ案内人
職人の手で作った岩戸の塩が、職人の手に渡って岩戸の塩ようかんになる。それが、味わいの奥深さの理由なのだと思います。

新年三が日限定 ホッと温まる「のむ塩ようかん」

2021年1月2日にいただきました。

伊勢二見の五十鈴勢語庵さんでいただいたホッと温まる特別な甘味。その名も「のむ塩ようかん」です。岩戸の塩ようかんの味わいをトロッと感じられて、身体の芯から温まります。

伊勢の田舎あられと金粉入りで、とってもおめでたくて伊勢の新年らしい一品です。

みえ案内人
岩戸の塩ようかんを鍋で溶かして...チャンスを見つけて自宅で挑戦してみます。

三重県伊勢市のお土産 岩戸の塩ようかん  販売場所およびメーカー情報

販売場所

伊勢市二見町の五十鈴勢語庵さんや伊勢市のおかげ横丁 伊勢路 名産 味の館などで購入できます。オンラインショップからご自宅にお取り寄せもできますよ。

みえ案内人
僕は伊勢二見の五十鈴勢語庵さんで購入しました。

販売店舗一覧

▲=筆者 100%の自信なし、販売されているはず。

三重県内

  1. 五十鈴勢語庵(伊勢市二見町)
  2. 伊勢路 名産 味の館(伊勢市 おはらい町おかげ横丁内)

三重県外

  1. 東京日本橋 三重テラス(東京都中央区)▲

オンライン販売

  1. 五十鈴勢語庵 公式オンラインショップ

メーカー情報


製造者 五十鈴勢語庵のご紹介

五十鈴勢語庵さんでは岩戸の塩ようかんの販売以外にも、店内で岩戸の塩ようかんとお抹茶を合わせてホッと一息できるサービスも提供されていますよ。

店名五十鈴勢語庵(いすずせいごあん)
住所〒519-0609 伊勢市二見町茶屋569-35
休業日不定休
営業時間8時30分〜18時
電話番号0596-42-1212
公式WEB五十鈴勢語庵公式WEB
公式SNS 最新情報はこちらから五十鈴勢語庵公式Instagram
駐車場あり 3台
アクセス方法・夫婦岩(二見興玉神社)から徒歩約5分
・二見浦駅から徒歩約10分
・伊勢神宮内宮から車で約18分
備考駐車場が満車の場合、無料の二見浦総合駐車場の利用が便利でオススメです。

みえ案内人
店内にはとてもレトロで、二見浦の歴史を感じる雑貨にも注目!古き良き町並み散策も合わせて、伊勢二見を満喫していってください。

二見興玉神社の夫婦岩までは歩いて5分です。

三重県の和菓子記事も合わせてご覧ください。

2022/1/14

鳥羽市のお土産に 伊勢海老問屋の伊勢開運海老せんべいはいかが?

伊勢志摩・鳥羽で絶対にはずせないグルメといえば、美味しい海鮮料理! そして、伊勢志摩を代表する海鮮の王様といえば...そう伊勢海老ですよね。伊勢志摩旅行では、絶対に伊勢海老を存分に味わい尽くしてやる!と計画を立てている方必見。せっかくなら、グルメ旅と合わせて伊勢海老にこだわったお土産もGETしましょう。 今回ご紹介するのは、伊勢湾で水揚げされた伊勢海老を使った「伊勢開運海老せんべい」です。殻だけでなく身も丸ごと入ったこだわりのお煎餅ですので、伊勢海老好きな方にはもってこいのお土産。ぜひ、商品や販売している ...

ReadMore

2022/1/10

伊勢の名物羊羹をお土産に 岩戸の塩ようかんの甘しょっぱさを体験してみませんか?

伊勢市といえば?という問いかけに、赤福餅やへんば餅、二軒茶屋餅などなど名物餅の名前は必ず挙がることでしょう。伊勢の名物餅は長い旅路を巡り、お伊勢さんに到着した旅人をもてなしてきました。 みえ案内人温かいお茶と名物餅をいただきながら、ホッと落ち着く旅人たち。名物餅の味わいは格別だったでしょう。 しかし、今回ご紹介するのは「名物餅」ではありません。「名物羊羹(ようかん)」です!実は伊勢には餅菓子以外にも、旅人をもてなすホッと落ち着く絶品銘菓がたくさんあるんです。 本記事では、伊勢の名物ようかんとしてオススメし ...

ReadMore

2022/1/11

津市の代表銘菓 平治煎餅は個包装で配りやすい定番のお土産です。

三重県の県庁所在地「津(つ)」。日本全国でも珍しい一文字の市です。 そんな三重県津市に訪れた際、まず押さえておきたい定番お土産が平治煎餅本店さんの「平治煎餅(へいじせんべい)」です。 地元民はもちろん、津市に訪れた方からも愛され続ける笠の形をしたお煎餅。日持ちもして、個包装もされていているのでご自宅や職場でも配りやすいのも魅力的です。 また、現代に語り継がれる「孝子平治伝説」を知った上で平治煎餅をいただくと、さらに味わい深くなること間違いなし。ぜひ手に入れてみてくださいね。 こんな人におすすめ 津市の定 ...

ReadMore

2022/1/8

四日市お土産のど定番 笹井屋のなが餅を旅の手土産にいかがですか?

三重県には美味しいお餅がたくさんある!旧街道沿いに旅人もてなしてきたお餅文化を総称して、三重県餅街道と呼ばれているのをご存知ですか? 餅街道に名を連ねるお餅の中でも細長い形が特徴的な「なが餅」は、三重県に住んでいる人はもちろん、三重県に遊びにきた人も一度は目にしたことがあるはず。 今回は「なが餅」といえばで、まず最初に名前があがる有名店 笹井屋さんのなが餅をご紹介します。四日市に訪れた際のお土産としてはもちろん、電車の駅売店やサービスエリアなどで販売されているお店も多いので、旅の小腹を満たすお供としても、 ...

ReadMore

2022/1/5

伊勢名物餅 くうや茶屋餅の柔らかな口溶けを体験してみませんか?

紅、白、ヨモギ色の米粒をまとったまん丸い伊勢名物餅をご存知ですか? くうや観助餅(かんすけもち)と答えた方は...惜しい!実はくうや観助餅は2021年に「くうや茶屋餅」に名前が変わり、美味しさアップでリニューアルしました! くうや観助餅と見た目は同じでも、ひと味違います。ただし、手に入るお店が伊勢二見の本店のみ(伊勢おはらい町で特別販売など除く)なんです。本記事では、夫婦岩や伊勢シーパラダイスで有名な伊勢二見に訪れた際は、必ず手に入れたい名物餅「くうや茶屋餅」をご紹介します。 こんな人におすすめ 伊勢の名 ...

ReadMore

2022/1/8

伊勢名物餅の神代餅はヨモギ成分たっぷりなホッと落ち着く草餅です

伊勢神宮参拝後のお土産はお決まりですか? 定番の赤福餅!ももちろんオススメですが、せっかくなら色んな伊勢名物餅を手に入れて「名物餅の食べ比べ」を楽しんでみませんか? 三重県は餅街道と呼ばれるほど、各地に名物餅が盛りだくさん!特に伊勢神宮内宮周辺には、赤福餅を筆頭にして美味しい伊勢名物餅が集結しています。 今回は伊勢神宮内宮 宇治橋から徒歩30秒でたどり着く、勢乃國屋さんの名物餅「神代餅(かみよもち)」をご紹介します。2個入、6個入、12個入と用途に合わせたラインナップが揃っていますので、ぜひチェックしてみ ...

ReadMore

2021/10/24

伊勢市の和菓子屋×津市のフレンチのブランド待望の第2弾!橙~Daidai~を発売

藤屋窓月堂ふじやそうげつどうさんといえば、代表菓子 利休饅頭で有名な伊勢の老舗和菓子屋さん。 そんな藤屋窓月堂さんが、2020年4月1日に津市の有名フレンチレストラン ミュゼ ボンヴィバンさんとタッグを組んで発表した新ブランドが「月と犬」です。 第1弾「干し無花果のどらエピス」は、エピス(香辛料)が聞いた日本酒やワインに合うどら焼きは、まさに初体験の美味しさでした。 みえ案内人定期的にどらエピスを食べたい...そんな僕のような身体になってしまった人も多いことでしょう。 そして、第1弾の発売から約1年半。待 ...

ReadMore

2022/1/10

三重県桑名市のお土産 柏屋の安永餅は「なが餅界」の中で一番食べごたえ抜群です

ー「ねぇねぇ、なが餅や安永餅の中でどれが一番好き?」 という質問を投げかけたり、 ー「全部食べ比べてみたけど、私の好みは●●●かな。でも、●●●も捨てがたいな。」 と答えられたら、あなたは生粋の「なが餅・安永餅」を愛する者。 みえ案内人迷いのない回答、かっこいい。 三重県でも北側、北勢地域で有名な名物餅として地元民から観光客まで幅広く愛され続ける「なが餅」や「安永餅」。古くはお伊勢参りや東海道を歩く旅人が、なが餅を食べて英気を養ったとされています。 今回はそんな「なが餅・安永餅」の中で香ばしさNo.1!の ...

ReadMore

2022/1/2

三重県伊勢市のお土産 岩戸餅は古事記にちなんだ伊勢名物餅

伊勢神宮参拝を終えた後に、手に入れたい伊勢らしいお土産。 おはらい町・おかげ横丁を散策しながら数あるお土産物店で気にある一品を探すのは、伊勢観光の楽しみのひとつです。 しかし、限られた時間の中ではある程度は購入するお土産を想定しておくことは大切。その中でも、お土産候補の代表格と言えば「伊勢名物餅」でしょう。 今回は伊勢名物餅のひとつ、老舗お土産処の岩戸屋さんが製造販売する岩戸餅をご紹介します。 こんな人におすすめ 伊勢の名物餅をお探しの人 名物餅で小分けされた個包装にビビっとくる人 餅の中でも、きな粉餅が ...

ReadMore

2022/1/2

三重県四日市のお土産 太白永餅(たいはくながもち)は旅人の力の源

三重県でも北勢部、愛知県寄りの地域で有名な名物餅は? と聞かれたら、確実に名前が挙がる「ながもち」。「ながもち」とひとくくりにいっても三重県内には色んな「ながもち」が存在しています。 今回は昔ながらの商店街に佇むお店で一枚一枚手焼きにこだわって作っている三重県四日市市の金城軒さんの「太白永餅(たいはくながもち」をご紹介します。1枚売りから、56枚入の箱売りまで地元民から観光客まで幅広く愛され続ける「ながもち」を、ぜひ手に入れて食べてみてください。 こんな人におすすめ お餅が好きで四日市らしい手土産を探して ...

ReadMore

ご紹介の記事に関する注意事項とお願い

当ページでの内容は記事執筆時点での情報です。最新情報は公式WEBやSNS等のリンクなどをご参照ください。

また、当ページは個人で運営しています。掲載内容に関してご意見・ご感想などございましたら以下、お問い合わせフォームまたはSNSメッセージよりお気軽にお寄せください。

お問い合わせフォームはこちらから

三重県お土産観光ナビ 公式facebook

-三重県お土産・特産情報, 伊勢市のお土産, 伊勢志摩のお土産
-, , , , ,

© 2022 三重県 お土産観光ナビ